ケトプロフェンパップの効能・用量・副作用など

ケトプロフェンパップの基本情報

NSAID(非ステロイド系解熱鎮痛薬)の経皮吸収貼り薬です。ロキソプロフェン,フルルビプロフェンは貼り薬としてはまだOTC薬として販売されていませんが,ほかの成分はすでにOTC薬(大衆薬)として販売されています。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 解熱・鎮痛・消炎薬>非ステロイド抗炎症貼付薬>ケトプロフェン
形状 貼付剤
製造販売会社 三友=ラクール
保険薬価 貼付剤10㎝×14㎝ 1枚 12.70円
貼付剤20㎝×14㎝ 1枚 20.90円
同じ分類の薬 先発薬: イドメシンコーワパップ  インサイドパップ  ラクティオンパップ    ジェネリック薬: セラスターテープ  インテナシンパップ 

ケトプロフェンパップの効果・効能

次の疾患・症状の消炎・鎮痛→変形性関節症,筋肉痛,外傷後の腫脹・疼痛/(ロキソプロフェンナトリウム水和物を除く)肩関節周囲炎,上腕骨上顆炎(テニス肘など),腱・腱鞘(けんしょう)炎,腱周囲炎
[ケトプロフェンのみの適応症]腰痛症(筋・筋膜性腰痛症,変形性脊椎症,椎間板症,腰椎捻挫(ねんざ))の消炎・鎮痛,関節リウマチにおける関節局所の鎮痛

ケトプロフェンパップの使用上の注意と副作用

基本的注意

*ケトプロフェン(モーラステープ),フルルビプロフェン(ゼポラステープ),ジクロフェナクナトリウム(ナボールパップ)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤または本剤の成分に対するアレルギーの前歴/アスピリンぜんそく(非ステロイド性解熱鎮痛薬などにより誘発されるぜんそく発作)またはその前歴
[ケトプロフェンのみ]内服のチアプロフェン酸アリールプロピオン酸系NSAID,スプロフェン非ステロイド抗炎症外用薬(皮膚炎用),内服のフェノフィブラートフィブラート系薬剤,オキシベンゾン,オクトクリレンを含有する製品(サンスクリーン,香水など)に対するアレルギーの前歴/光線過敏症の前歴
(2)対症療法……本剤による治療は原因療法ではなく,単に痛みを止めたり,熱を下げたりするだけの対症療法に過ぎないことを忘れないでください。
(3)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性:[ケトプロフェン]未確立。有益と判断されたときのみ使用。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[ケトプロフェン,フルルビプロフェン,ジクロフェナクナトリウム](1)ショック,アナフィラキシー様症状(じん麻疹,呼吸困難,顔面浮腫など)。(2)(貼付してから数時間で)ぜんそく発作(アスピリンぜんそく)の誘発。
[ケトプロフェンのみ](3)接触性皮膚炎。(4)光線過敏症(発疹・発赤,かゆみ,むくみ,水疱など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ケトプロフェンパップが気になる人向けのコラム

ひざ上の肉のたるみは筋膜の癒着のせい? 簡単ストレッチで解消

ひざ上の肉をとるためには太ももの筋膜に注目することがポイント。 ひざ上がたるむのは太ももの筋肉が正しく使えていないから。まずは太ももの筋膜の癒着を解消することが大切です。 ひざ上のたるみは、太ももが正しく使えていない結果 私たちの身... 続きを読む

胃がんに注意、意外に知らないピロリ菌の実態

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)って

日本の20歳までの若い人たちのピロリ菌の感染率は低く、20%以下の低い値を示しています。これに対して50歳以上の世代では、感染率が80%と極めて高い状態を示しています。
ヘリコバクター・ピロ... 続きを読む

【医師が教える】やればやるほど老ける運動・若返る運動

体を動かすのもおっくうだった冬の峠を抜け、「久しぶりに運動でもしてみようかな?」と思っている人も多いのではないでしょうか。 「体はしっかり使って躍動させることで、どんどんと性能がアップしていきます。体を使うことを習慣化している女性は、心... 続きを読む

吉田沙保里さんも…おとなの「喘息(ぜんそく)」にご用心

「霊長類最強の女」と呼ばれるレスリングの吉田沙保里さんが、喘息を発症したという報道がありました。 2015年9月の世界選手権の前からその症状が出ていたようで、どんどん病状が悪化して、ようやく12月に入って受診、判明したそうです。 スパー... 続きを読む

お腹が痛い!どこがどんな風に痛い? 痛む場所から疑われる病気をイラストで解説

「腹痛」といっても、痛みの種類や痛む場所によって原因はさまざま。ときには、その腹痛が病気の前兆の場合もあります。腹痛で疑われる病気をまとめてご紹介します。 腹痛から原因の病気が特定できる 腹部は、体の中心で重要な臓器が集まっている場所... 続きを読む