フラビタン眼軟膏の効能・用量・副作用など

フラビタン眼軟膏の基本情報

ビタミンB₂(リボフラビン)から誘導されるフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)は,代謝に必要な酸化還元酵素の補酵素です。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 眼科用抗炎症薬>フラビンアデニンジヌクレオチド>フラビンアデニンジヌクレオチド
形状 軟膏剤
製造販売会社 トーアエイヨー=アステラス
保険薬価 軟膏剤0.1% 1g 30.30円
同じ分類の薬 先発薬: フラビタン点眼液  ムコファジン点眼液    ジェネリック薬: FAD点眼液  ムコティア点眼液 

フラビタン眼軟膏の効果・効能

角膜炎・眼瞼炎(ビタミンB₂の欠乏または代謝障害が関与すると推定される場合)

フラビタン眼軟膏の使用上の注意と副作用

基本的注意

特に注意はありません。

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

フラビタン眼軟膏が気になる人向けのコラム

学習障害 LD(発達障害)の種類と特徴‐大人になるとどんな支障がでる?

ある特定の学習分野の能力のみが困難になる学習障害(LD)。学習に限定された障害のため、学校が始まるまで気づかなかったり、苦手分野だと思い込んでいて、大人になってから診断を受ける人もあります。症状などの特徴をご紹介します。 学習障害(L... 続きを読む

【スマホうつ】になりやすいスマホの使い方 ワースト3

最近、イライラしたり、原因のわからない不安感が続くといったココロの不調がありませんか?
あなたがスマホユーザーで、1日2時間以上スマホをいじっているなら、それは「スマホうつ」かもしれません。 首のコリからくる「スマホうつ」 「スマホ... 続きを読む

還元型コエンザイムQ10

体の健康と美容に欠かせない成分として認知されているコエンザイムQ10ですが、そもそもどんな働きをするのでしょう。
「皮膚、内臓、脳、血管など、人間の体のあらゆる組織は細胞からできています。体内にある細胞の数は約60兆個もあり、その... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

コンタクトレンズによる眼のトラブルに要注意-正しいレンズ選びとは

コンタクトレンズは、薬事法上で「高度管理医療機器」に指定され、取り扱いや装着には注意が必要となります。眼科では、適正な視力をはかってくれるのはもちろん、一人一人異なる目の表面のカーブまで調べ、その人にフィットしたレンズを選んでくれます。 ... 続きを読む