サラシルト腟坐剤の効能・用量・副作用など

サラシルト腟坐剤の基本情報

真菌の一種カンジダはどこにでも存在しますが,腟内が酸性に保たれている場合は増殖せず,抗生物質の使用などでバランスが崩れると増殖しやすくなります。腟カンジダ症は抗真菌薬の腟剤で治療しますが,内服薬と併用する場合もあります。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 腟用の薬>抗真菌薬>ミコナゾール硝酸塩
形状 坐剤
製造販売会社 日新
保険薬価 坐剤100mg 1個 32.10円
同じ分類の薬 先発薬: エンペシド腟錠  アデスタン腟錠    ジェネリック薬: エルシド腟錠  バリナスチン腟錠  オキコナール腟錠 

サラシルト腟坐剤の効果・効能

カンジダに起因する腟炎および外陰腟炎

サラシルト腟坐剤の使用上の注意と副作用

基本的注意

*クロトリマゾール(エンペシド腟錠)などの添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)その他……
・妊婦(3カ月以内)での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ使用。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

サラシルト腟坐剤が気になる人向けのコラム

カンジタ膣炎は誰にでも起こりうるって本当? 実は完治が難しい

「陰部がむずがゆい」「かゆみで寝つけない」「おりものが多くて気持ち悪い」といった症状は多くの女性が経験しています。なかには、同じような症状をくり返して日常生活に差しさわったり、何度も病院やクリニックに通ったことがある方もいらっしゃるかもし... 続きを読む

会話の中の沈黙が怖いを克服しよう-こころと体の「陰」と「陽」の構図

「沈黙が怖い」という話を耳にすることがあります。 会話で時折訪れる沈黙に耐えられず、焦って何かを発してしまうというのです。このキーワードをインターネット上で検索すると、莫大な数のサイトがヒットします。それだけ、沈黙を恐れている人が多いとい... 続きを読む

デリケートゾーンのかゆみの原因は? 意外と多い皮膚トラブル

婦人科に来られる患者さんのさまざまな訴えのなかで、生命にかかわることはほとんどないのに、患者さんをひどく悩ませるのがデリケートゾーンのかゆみです。
多くの場合、陰部や腟にはっきりした荒れや腫れがあってかゆみが出ていますが、そうした異常が... 続きを読む

セックスのとき出血した原因と対処法-子宮頸がんの疑いあり?

セックスの最中やそのあと、出血に気づいたことはありませんか?
性交時の出血にはさまざまな原因が考えられます。主なものをみていきましょう。
まず、最も怖いのは子宮頸がんです。子宮は腟の奥にあって、腟の長さは8~9cmくらいあります。その... 続きを読む

ハリウッド女優も実践、アルカリ性ダイエット

アルカリ性
近頃ハリウッド女優が実践しているとして話題になったのがアルカリ性ダイエットです。
年齢とともに代謝が落ちてくると太りやすくなりますが、アルカリ性の食材を摂取することで代謝が上がり脂肪が燃焼しやすくなると考えられています。 ... 続きを読む