ハイセチン腟錠の効能・用量・副作用など

ハイセチン腟錠の基本情報

腟炎には,化学的・機械的刺激によるもの,真菌によるもの,原虫によるものの他に,細菌性の腟炎もあります。それぞれの原因にあった治療が必要です。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 腟用の薬>抗生物質腟剤>クロラムフェニコール
形状 腟用剤
製造販売会社 富士製薬
保険薬価 腟用剤100mg 1錠 59.50円
同じ分類の薬 先発薬: クロマイ腟錠   

ハイセチン腟錠の効果・効能

細菌性腟炎(クロラムフェニコール感受性菌による炎症)

ハイセチン腟錠の使用上の注意と副作用

基本的注意

*クロラムフェニコール(クロマイ腟錠)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴

副作用の注意
重大な副作用

(1)ショック,アナフィラキシー様症状(呼吸困難,発疹,血圧低下など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ハイセチン腟錠が気になる人向けのコラム

デリケートゾーンのかゆみの原因は? 意外と多い皮膚トラブル

婦人科に来られる患者さんのさまざまな訴えのなかで、生命にかかわることはほとんどないのに、患者さんをひどく悩ませるのがデリケートゾーンのかゆみです。
多くの場合、陰部や腟にはっきりした荒れや腫れがあってかゆみが出ていますが、そうした異常が... 続きを読む

風邪には抗生物質は効かない? 細菌とウイルスの違いがポイント

抗生物質が効くのは細菌だけ 「風邪をひいたから病院に行って抗生剤をもらって早く治そう」と思って病院に行ったのに、抗生物質は処方されなかった……こんな経験はありませんか? 風邪には基本的に抗生物質は不要です。その理由を知るには、細菌とウ... 続きを読む

カンジタ膣炎は誰にでも起こりうるって本当? 実は完治が難しい

「陰部がむずがゆい」「かゆみで寝つけない」「おりものが多くて気持ち悪い」といった症状は多くの女性が経験しています。なかには、同じような症状をくり返して日常生活に差しさわったり、何度も病院やクリニックに通ったことがある方もいらっしゃるかもし... 続きを読む

デブ菌までわかる! 郵送で簡単【腸内細菌検査キット】

腸内環境が私たちの体質や病気のなりやすさに関係していることがわかり、熱い注目を集めています。腸内環境は、腸の中に住んでいる何百兆もの腸内細菌の集団=腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)の状態によって左右され、例えば「デブ菌」として話題の... 続きを読む

女性に多い膀胱炎-再発しやすいのは何故? 注意したい9つの習慣

膀胱(ぼうこう)炎は女性にたいへん多い病気で、特に10代後半から20~30代の女性によくみられます。再発をくり返す人も多く、「自分は膀胱炎になりやすい体質では」と悩んでいる方もいるかもしれません。
膀胱炎にはいくつかのタイプがありますが... 続きを読む