ハイセチンP軟膏の効能・用量・副作用など

ハイセチンP軟膏の基本情報

抗生物質の塗り薬です。同じものがOTC薬(大衆薬)としても販売されています。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 湿疹・おでき類の薬>広範囲抗生物質>クロラムフェニコール・フラジオマイシン硫酸塩・プレドニゾロン配合剤
形状 軟膏剤
製造販売会社 富士製薬
保険薬価 軟膏剤   1g 24.40円
同じ分類の薬 先発薬: クロロマイセチン軟膏  クロマイ-P軟膏  アクロマイシン軟膏  テラマイシン軟膏  クロロマイセチン局所用液   

ハイセチンP軟膏の効果・効能

深在性皮膚感染症,慢性膿皮症,表在性皮膚感染症(クロマイ-P軟膏を除く)/外傷・熱傷・手術創などの二次感染/びらん・潰瘍の二次感染(アクロマイシン軟膏を除く)
[クロマイ-P軟膏,ハイセチンP軟膏のみの適応症]二次感染を併発または湿潤・びらん・結痂(けっか)(かさぶた)を伴う湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症,ビダール苔癬,放射線皮膚炎,日光皮膚炎を含む)

ハイセチンP軟膏の使用上の注意と副作用

基本的注意

*クロマイ-P軟膏の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……クロラムフェニコール・フラジオマイシン硫酸塩耐性菌または非感性菌による皮膚感染のある人/皮膚結核,単純疱疹,水痘,帯状疱疹,種痘疹/真菌症(白癬,カンジダ症など)/鼓膜に穿孔(せんこう)のある湿疹性外耳道炎/潰瘍(べーチェット病を除く),第2度深在性以上の熱傷・凍傷/フラジオマイシン・カナマイシン・ストレプトマイシン・ゲンタマイシンなどのアミノ糖系抗生物質,バシトラシン,クロラムフェニコールに対するアレルギーの前歴/本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)その他……
・妊婦での安全性:未確立。原則として大量・長期使用しない。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ハイセチンP軟膏が気になる人向けのコラム

冬に多いノロウイルスの症状と治療法|役に立つ予防対策

食中毒というと梅雨や夏をイメージしますが、これは細菌によるもの。冬場は、低温や乾燥した場所でも生きることができるウイルスによる食中毒が多く発生します。その感染ルートと予防法を学びましょう。 冬の食中毒の代表
ノロウイルス ウイルス性の... 続きを読む

聴診器でいったい何がわかるの? 音の違いで異常を聞き分ける

聴診器で医師が聴いている音で心臓の異常がここまでわかる! ドクターといえば聴診器を当てているイメージ。聴診器で聴いている心音などによってわかる異常を解説します。 聴診器ができる前は直接胸に耳を当てて聴いていた 聴診器を使った診察(聴... 続きを読む

ノロウイルスと牡蠣の関係 食中毒を起こしやすい牡蠣は生食用or加熱用?

ノロウイルスは牡蠣に蓄積している場合がありますが、適切に処理されたものなら安心して食べられます。牡蠣鍋に牡蠣フライと、冬は牡蠣のおいしい時期。正しい情報を身につけて、安全に楽しみましょう。 「生食用=新鮮=安全」ではない 冬になるとニュ... 続きを読む

日光を避けすぎると不健康? がん予防のための日光浴とビタンミンD

紫外線を浴びることでシミやそばかすになることを恐れ、日光を避けた生活を送っていませんか?
確かに美白のためには紫外線は大敵ですが、日光をあまりに避けすぎると、かえって健康を害するリスクが…。健康のためにも、適度に日光に当たることは必要です。... 続きを読む

婦人科の診察-こんな症状があったら受診するべき-8つの症状


「生理の周期が乱れている」「おりものが多くて心配」……日頃、婦人科系の不調があっても、診察を受けるのをついためらってしまいませんか?
その理由として、婦人科の診察や検査の内容がよくわからないことがあげられます。でも、そんな不安は、診察... 続きを読む