トプシムクリームの効能・用量・副作用など

トプシムクリームの基本情報

副腎皮質ステロイド外用薬には強い抗炎症作用があり,炎症性の皮膚疾患に幅広く使用されます。炎症を抑える力により,ストロンゲストからウィークの5段階に区分されていますが,強力なものがよいというわけではありません。病状や使用部位に合わせて選択されます。
安易に長期使用すると,皮膚局所ばかりでなく全身的な副作用の恐れもあるので,長期に使い続けるという状況は正常なものではありません。治療が長期にわたる場合は,医師とじっくり相談して納得したうえで使用してください。ウィークからストロングの3段階の薬品は,OTC薬(大衆薬)としても市販されています。
この項では,以下の(2)を掲載しています。
(1)作用が最も強力(strongest)/(2)作用がかなり強力(very strong)/(3)作用が強力(strong)/(4)作用が中程度(medium)/(5)作用が弱い(weak)

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 湿疹・おでき類の薬>副腎皮質ステロイド外用薬(ベリーストロング)>フルオシノニド
形状 クリーム剤
製造販売会社 田辺三菱
保険薬価 クリーム剤0.05% 1g 25.40円
同じ分類の薬 先発薬: ネリゾナ軟膏  ネリゾナクリーム  ネリゾナソリューション  パンデル軟膏  パンデルクリーム   

トプシムクリームの効果・効能

[アムシノニドの適応症]湿疹・皮膚炎群(手湿疹,進行性指掌角皮症,ビダール苔癬,日光皮膚炎を含む),痒疹群,虫さされ,乾癬,掌蹠(しょうせき)膿疱症,扁平苔癬,紅皮症,慢性円板状エリテマトーデス,円形脱毛症
[ジフルプレドナートの適応症]湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症,ビダール苔癬,脂漏性皮膚炎,放射線皮膚炎,日光皮膚炎を含む),痒疹群(じん麻疹様苔癬,ストロフルス,固定じん麻疹,結節性痒疹を含む),虫さされ,乾癬,掌蹠膿疱症,扁平紅色苔癬,ジベルばら色粃糠疹(ひこうしん),薬疹・中毒疹,慢性円板状エリテマトーデス,紅斑症(多形滲出性紅斑,ダリエ遠心性環状紅斑,遠心性丘疹性紅斑),特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑,シャンバーク病,紫斑性色素性苔癬様皮膚炎),紅皮症,肉芽腫症(サルコイドーシス,環状肉芽腫),円形脱毛症,アミロイド苔癬(斑状アミロイドーシスを含む),肥厚性瘢痕・ケロイド
[ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステルの適応症]湿疹・皮膚炎群(手湿疹,進行性指掌角皮症,脂漏性皮膚炎を含む),乾癬,虫さされ,薬疹・中毒疹,痒疹群(ストロフルス,じん麻疹様苔癬,結節性痒疹を含む),紅皮症,紅斑症(多形滲出性紅斑,ダリエ遠心性環状紅斑),ジベルばら色粃糠疹,掌蹠膿疱症,扁平紅色苔癬,慢性円板状エリテマトーデス,肉芽腫症(サルコイドーシス,環状肉芽腫),特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑,シャンバーク病),円形脱毛症,肥厚性瘢痕・ケロイド,悪性リンパ腫(菌状息肉(そくにく)症を含む),アミロイド苔癬,水疱症(天疱瘡(てんぽうそう)群,ジューリング疱疹状皮膚炎・水疱性類天疱瘡)

トプシムクリームの使用上の注意と副作用

基本的注意

*アムシノニド(ビスダーム),ジフルプレドナート(マイザークリーム・軟膏),ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル(アンテベート)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/鼓膜に穿孔(せんこう)のある湿疹性外耳道炎/潰瘍(ベーチェット病は除く),第2度深在性以上の熱傷・凍傷
[アムシノニドのみ]皮膚結核,単純疱疹,水痘,帯状疱疹,種痘疹
[ジフルプレドナートのみ]細菌・真菌・ウイルス皮膚感染症
[ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステルのみ]細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症,動物性皮膚疾患(疥癬,けじらみなど)
(2)その他……
・妊婦での安全性:原則として大量または長期にわたって使用しない。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[すべての製剤](1)(まぶたの皮膚への使用により)眼圧亢進,緑内障,白内障。(2)(大量または長期にわたる広範囲の使用,密封法(ODT)により)後のう白内障,緑内障など。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

トプシムクリームが気になる人向けのコラム

医者が教える「ダメな医者を見分ける9つのポイント」


お医者様のお言葉にハイハイと素直にうなずき、お薬をもらって帰る。そんな“聞きわけのいい患者”でいると、病気がいつまでも治らないかもしれません。 「患者さんの不満でよく聞くのは“医者が一度も自分の顔を見てくれなかった”という話。コミュニ... 続きを読む

2016‐2017年に流行するインフルエンザの特徴・症状・予防対策

今年もインフルエンザの季節がやってきました。 2016~2017年にかけて流行するインフルエンザの特徴と予防対策について、まとめました。 12月末から患者数が急増する見込み 年末に向けて、日に日に寒くなってくるこの時期に気をつけたいの... 続きを読む

医者が教える【医者のホンネ】 50%の確立で治るはほぼ大丈夫の意味?

医者にかかったとき、「五分五分です」と言われたら……?
「え、そんなに悪いんですか!?」と驚きますよね。実はこれ「50%の確率でしかよくならない」ではなく、「ほぼ大丈夫」という意味なんです!
言葉の裏に隠された「医者コトバ」のホンネを、... 続きを読む

脂肪の蓄積を防ぐ天然のインスリン「菊芋」のスゴい効果

「芋」という名前が誤解の元に
実はでんぷんはほぼ含まれない 里芋に似たゴツゴツとした外見に、「芋」がつくネーミング。最近、スーパーにも並ぶようになった菊芋ですが、見かけても新種の芋ぐらいに思っていた人も多いのではないでしょうか。 実... 続きを読む

炭水化物なのにヤセられる!「さつまいもダイエット」 むくみ解消にも効く

寒くなると、あったかくて、甘いものが欲しくなりますよね。でも太るからと我慢していませんか。そんな我慢は、この冬は不要!
冬のおやつの定番“さつまいも”でダイエットができちゃうんです。 食物繊維だけじゃない。ヤセるパワーがギュッ! 美... 続きを読む