デルマクリンA軟膏の効能・用量・副作用など

デルマクリンA軟膏の基本情報

漢方薬「甘草」の成分グリチルレチン酸の消炎作用は強力ではありませんが,外用ではほとんど副作用は知られていません。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 湿疹・おでき類の薬>グリチルレチン酸>グリチルレチン酸
形状 軟膏剤
製造販売会社 摩耶堂=ミヤリサン=ミノファーゲン
保険薬価 軟膏剤1% 1g 14.60円
同じ分類の薬 先発薬: ハイデルマートクリーム  デルマクリンクリーム   

デルマクリンA軟膏の効果・効能

湿疹,皮膚掻痒症,神経皮膚炎

デルマクリンA軟膏の使用上の注意と副作用

基本的注意

*グリチルレチン酸(デルマクリンA軟膏)の添付文書による

特に注意はありません。

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

デルマクリンA軟膏が気になる人向けのコラム

砂糖の摂りすぎが健康を害する、砂糖依存に注意! 5つの脱砂糖テク

甘くて美味しい砂糖が実は、とても依存性が高いと言われていることをご存知ですか? 砂糖依存になるとどんな影響が体にあるのか、また砂糖依存になる人が多いアメリカで開発された、無理なく砂糖から卒業できる5つの方法をご紹介します! 砂糖は快楽... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

小豆ミルクで自律神経をととのえてやせる!

小豆ミルク
男性に比べると女性が便秘になりやすいのはれっきとした理由があります。

女性は男性に比べて1月単位で見てもホルモンバランスが常に変化しており、ホルモンバランスの影響を受けて腸の動きが鈍り、便秘になると言われているのです。... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む