クリンダマイシンゲルの効能・用量・副作用など

クリンダマイシンゲルの基本情報

2002年にクリンダマイシンの外用薬が開発されるまで,皮膚科ではクリンダマイシンの内服薬や注射薬を外用薬に加工して使用していました。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 湿疹・おでき類の薬>クリンダマイシンリン酸エステル>クリンダマイシンリン酸エステル
形状 ゲル剤
製造販売会社 シオノ=クラシエ
保険薬価 ゲル剤1% 1g 27.80円
同じ分類の薬 先発薬: ダラシンTゲル  ダラシンTローション    ジェネリック薬: クリンダマイシンリン酸エステルゲル  クリンダマイシンゲル 

クリンダマイシンゲルの効果・効能

ざ瘡(にきび):化膿性炎症を伴うもの

クリンダマイシンゲルの使用上の注意と副作用

基本的注意

*クリンダマイシンリン酸エステル(ダラシンTゲル,ローション)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分またはリンコマイシン系抗生物質に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に使用すべき場合……抗生物質による下痢または大腸炎の前歴/アトピー体質の人
(3)その他……
・妊婦での安全性:未確立。原則として使用しない。
・授乳婦での安全性:原則として使用しない。やむを得ず使用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)偽膜性大腸炎などの血便を伴う重い大腸炎(腹痛,頻回の下痢)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

クリンダマイシンゲルが気になる人向けのコラム

体の中から痩せていく漢方薬ダイエット

漢方
人間一人ひとり個性があるように、個人個人の持つ体質もそれぞれ異なっています。
ストレス太りをしやすいタイプ、血行が悪くなりがちなタイプ、といろいろな体質の方がいる中で、それぞれ異なったケアを行うことができるのが漢方薬ダイエットで... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

ニキビができるメカニズム-予防する4つのポイント|処方薬の効能

ニキビなんて病気のうちに入らない――と考えていませんか。しかしニキビは、「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という病名の、れっきとした皮膚の病気です。
自然に治ったり、生活習慣の改善や市販薬、ニキビ用化粧品などで治るケースもありますが... 続きを読む

背中の開いた服が着られない…。背中ニキビの原因と治し方

背中の大きく開いたドレスを着て、いざ出かけようと振り返って鏡を見たら、赤く腫れたニキビがブツブツ!
そんな経験はありませんか?
思春期のホルモンの影響でできる10代の顔のニキビに対し、背中のニキビは20代以降に増えてきます。
顔のニ... 続きを読む

フラーレン

読者の多くは初めて見聞きするコトバでしょうが、いま世界中でもっとも注目されているナノテクノロジー(超微細技術)の最新素材です。1985年に発見され、発見者はその功績によりノーベル賞を受賞しています。 「ダイヤモンド、グラファイト(黒鉛)... 続きを読む