アルキサ軟膏の効能・用量・副作用など

アルキサ軟膏の基本情報

ヨーロッパの薬草「ヒレハリ草」から導き出されたアラントインの誘導体で,肉芽形成促進,表皮形成促進作用があります。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 褥瘡・びらん・潰瘍などの薬>アルクロキサ>アルクロキサ(アルミニウムクロロヒドロキシアラントイネート)
形状 軟膏剤
製造販売会社 小林化工=ファイザー
保険薬価 軟膏剤2% 1g 8.90円
同じ分類の薬 先発薬: イサロパン外用散   

アルキサ軟膏の効果・効能

褥瘡,手術創,外傷・熱傷によるびらん・潰瘍

アルキサ軟膏の使用上の注意と副作用

基本的注意

*アルクロキサ(イサロパン外用散)の添付文書による

特に注意はありません。

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

アルキサ軟膏が気になる人向けのコラム

バレリアン

「 最近、よく眠れない…」と感じたことありませんか?
でも、睡眠薬はちょっとイヤ、そんな時には、バレリアンというハーブがおすすめです。 「 バレリアンは、古代ギリシャ・ローマ時代から重宝されてきた薬草。名前の由来は、ラテン語で“健康になる”... 続きを読む

αGG

美肌を作る作用から、いま化粧品などで話題に。正式には「α-グルコシルグリセロール」といい、もともとは日本酒に含まれる旨み成分です。「清酒白鹿」で知られる辰馬本家酒造の研究者が独自に抽出、その機能性の応用が注目されています。 「日本酒はお米... 続きを読む

サラシア

一時期ダイエットに効く成分として話題を呼んだ「サラシア」。実はこれ、インドやスリランカに自生するニシキギ科のつる性植物で、学名を「サラシア・ レティキュラータ」といいます。特に効能が高いと評判のスリランカ産は、現地で「コタラヒムブツー」と... 続きを読む

コラーゲン

コラーゲンは動物の皮や骨、軟骨に含まれるタンパク質の一種です。人間の体の20%がタンパク質でできていますが、その約3分の1をコラーゲンが占めています。ところが25歳を過ぎた頃から急速に減少し始め、さらには紫外線によるダメージや喫煙による悪... 続きを読む

アーティチョーク葉エキス

アーティチョークは菊科の多年草で、「チョウセンアザミ」とも呼ばれます。観賞用としても栽培されますが、ヨーロッパではアーティチョークのつぼみは、定番の野菜のひとつ。日本では気候が合わないため、あまりスーパーには出回っていません。
茹でたり... 続きを読む