スミスリンローションの効能・用量・副作用など

スミスリンローションの基本情報

疥癬は,ヒゼンダニと呼ばれるダニが皮膚表面の角質層に寄生しておこる感染症で,肌と肌が直接触れることで感染します。疥癬には大別して通常疥癬と角化型疥癬があり,ダニの数は1人あたり通常の疥癬では数十匹ですが,角化型では100万~200万匹といわれており,角化型は感染力が強くなります。
本剤は安全性が高いピレスロイド系の殺虫剤で,広く使用され,アタマジラミやケジラミなどのOTC薬などとしても販売されており,このたび疥癬の治療薬として承認されました。なお,本剤の角化型疥癬および,その一種である爪疥癬における有効性・安全性は,使用経験がないため確立していません。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 その他の皮膚病の薬>スミスリン>フェノトリン
形状 液剤
製造販売会社 クラシエ
保険薬価 液剤5% 1g 77.30円

スミスリンローションの効果・効能

疥癬

スミスリンローションの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)使用方法……通常は,1週間隔で1回1本(30g)を頸部以下(頸部から足底まで)の皮膚に塗布し,塗布後12時間以上経過したのちに入浴やシャワーなどで洗浄,除去します。
(3)かゆみ……疥癬は多くの場合かゆみを伴いますが,本剤による治療初期に一過性にかゆみが増悪することがあります。
(4)その他……
・妊婦での安全性……有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性……原則として使用しない。やむを得ず使用するときは授乳を中止。
・小児での安全性……未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

スミスリンローションが気になる人向けのコラム

小鼻の横のツボ【天迎香】を押すと花粉症やアレルギーが治る?

花粉症だけでなく難病まで改善するツボ 萩原カイロプラクティック院長の萩原秀紀先生が偶然見つけたツボ「天迎香(てんげいこう)」。花粉症などのアレルギー症状に効き、さらに難病まで改善するなど、その効果は発見した萩原先生も驚くほどだそう。 ... 続きを読む

ふとんのカビ・ダニ対策-掃除機を活用すれば花粉も除去できる

忙しい毎日を送っていると、ふとん干しなどの手入れが、つい後回しになってしまいがち。
でも、気をつけて!
日ごろ使用しているふとんには、室内を漂うほこりやカビの胞子、ダニ・ダニのフン、花粉などのハウスダストが付着しています。これらはアレル... 続きを読む

家選びのときに気をつけたい-シックハウス症候群にご注意!

住宅の高断熱・高気密化がすすむにつれて、そこからおきる健康障害が問題となるようになりました。建材や家具に使われる化学物質によって、アレルギーや吐き気、めまいなどがおこる、いわゆる「シックハウス症候群」です。住まいの中にどんな化学物質が存在... 続きを読む

くしゃみが出るのは理由ってなに? 花粉症と風邪のくしゃみの違い

突然「ハックション!」 とくしゃみをすると、「あれぇ~、誰かにうわさされているんじゃないの?」と冷やかされたりします。これが連続しようものなら、「1にほめられ、2にふられ、3にほれられ、4に風邪!!」などと周囲の笑いのエジキになりかねませ... 続きを読む

足の爪の正しい切り方って知ってる? 巻爪や変形の原因と予防

足に合わない靴を履いたり、間違った爪の切り方を続けていると、足爪にさまざまな問題が生じてきます。図1は足爪が厚くなり、硬くなった厚硬爪(こうこうそう)です。爪の水虫である爪白癬と区別が難しいことが多いのですが、爪白癬は時間の経過とともに図... 続きを読む