スピリーバ吸入用カプセルの効能・用量・副作用など

スピリーバ吸入用カプセルの基本情報

気管支を収縮させる作用があるアセチルコリンの働きを阻害することで気管支を拡張させます。チオトロピウム臭化物水和物とグリコピロニウム臭化物,グリコピロニウム臭化物・インダカテロールマレイン酸塩配合剤は長時間作用型のため,1日1回の吸入で効きめが持続します。ちなみにオキシトロピウム臭化物は1日3回,イプラトロピウム臭化物水和物は1日3~4回,吸入します。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 吸入薬>抗コリン薬>チオトロピウム臭化物水和物
形状 吸入剤
製造販売会社 ベーリンガー
保険薬価 吸入剤18μg 1カプセル 204.90円
同じ分類の薬 先発薬: テルシガンエロゾル  アトロベントエロゾル  スピリーバ2.5μgレスピマット吸入用  シーブリ吸入用カプセル  ウルティブロ吸入用カプセル   

スピリーバ吸入用カプセルの効果・効能

慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎,肺気腫)→ウルティブロは長時間作用性吸入抗コリン薬および長時間作用性吸入β₂刺激薬との併用による治療が必要な場合に使用
[オキシトロピウム臭化物,イプラトロピウム臭化物水和物のみの適応症]気管支ぜんそく

スピリーバ吸入用カプセルの使用上の注意と副作用

基本的注意

*スピリーバ吸入用カプセル,テルシガンエロゾル,アトロベントエロゾル,シーブリ吸入用カプセルの添付文書による

(1)使用してはいけない場合……緑内障/前立腺肥大症,排尿障害
[オキシトロピウム臭化物]スコポラミン系薬剤に対するアレルギーの前歴
[チオトロピウム臭化物水和物,イプラトロピウム臭化物水和物]本剤の成分またはアトロピン系薬剤に対するアレルギーの前歴
[グリコピロニウム臭化物]本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に使用すべき場合……[オキシトロピウム臭化物]高齢者など喀痰喀出困難を伴う人/[イプラトロピウム臭化物水和物]上室性不整脈またはその前歴/[チオトロピウム臭化物水和物]心不全,心房細動,期外収縮またはこれらの前歴/中等度以上の腎機能低下(クレアチニンクリアランス値50mL/分以下)/前立腺肥大/[グリコピロニウム臭化物]心不全,心房細動,期外収縮またはこれらの前歴/重度の腎機能障害(推算糸球体濾過量(eGFR)が30mL/分/1.73m²未満)または透析を必要とする末期腎不全/前立腺肥大
(3)指示量の厳守……定められた用量以上を使用すると副作用がおこりやすくなるので,指示された量や回数を厳守してください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性:[チオトロピウム臭化物水和物]原則として使用しない。やむを得ず使用するときは授乳を中止。[グリコピロニウム臭化物]有益と判断されたときのみ使用。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[イプラトロピウム臭化物水和物](1)アナフィラキシー様症状(じん麻疹,血管浮腫,発疹,気管支けいれん,口腔咽頭浮腫など)。(2)上室性頻脈,心房細動。
[チオトロピウム臭化物水和物](3)心不全,心房細動,期外収縮。(4)イレウス(腸閉塞)。(5)閉塞隅角緑内障(視力低下,眼痛,頭痛,眼の充血など)。(6)アナフィラキシー(じん麻疹,血管浮腫,呼吸困難など)。
[グリコピロニウム臭化物](7)心房細動。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

スピリーバ吸入用カプセルが気になる人向けのコラム

タバコを吸うとなぜいけないの? タバコの害と禁煙外来のすすめ

百害あって一利なしといわれるタバコの害とは? タバコの煙を長期間吸い続けると気管支が炎症を起こし肺機能が低下。がん、COPD、ニコチン依存症も問題。 タバコには4000種類以上の化学物質が含まれる タバコが健康によくないということは... 続きを読む

みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?

お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛?
それとも、ほかの病気?
どんな痛みがどの位置で起こったかで、疑われる病気がある程度わかります。自分の症状と照らし合わせてみましょう。 腹痛には重篤な病気の前兆かも お腹の上部には、特に重要... 続きを読む

インフルエンザと風邪の症状の違い|うがい・手洗い・マスク選びのコツ

具合が悪い時、「風邪かなと思っていたらインフルエンザだった」という経験ありませんか?
風邪とインフルエンザの違いと、インフルエンザから身を守る方法をご紹介します。 急に高熱がでるインフルエンザ 風邪とインフルエンザの違いは、いくつかあ... 続きを読む

医者が教える「ダメな医者を見分ける9つのポイント」


お医者様のお言葉にハイハイと素直にうなずき、お薬をもらって帰る。そんな“聞きわけのいい患者”でいると、病気がいつまでも治らないかもしれません。 「患者さんの不満でよく聞くのは“医者が一度も自分の顔を見てくれなかった”という話。コミュニ... 続きを読む

薬は緑茶で飲んでも大丈夫? やっちゃいけない薬との飲み合わせは?

薬と食品の飲み合わせには注意が必要なものがあります。特定の飲み物と一緒に飲むと、効果が弱くなったり強くなったり副作用を引き起こすものもあるので注意しましょう。 薬を液体と一緒に飲むのは粘膜の保護のため そもそも、飲み薬はなぜ、そのまま... 続きを読む