ウルティブロ吸入用カプセルの効能・用量・副作用など

ウルティブロ吸入用カプセルの基本情報

気管支を収縮させる作用があるアセチルコリンの働きを阻害することで気管支を拡張させます。チオトロピウム臭化物水和物とグリコピロニウム臭化物,グリコピロニウム臭化物・インダカテロールマレイン酸塩配合剤は長時間作用型のため,1日1回の吸入で効きめが持続します。ちなみにオキシトロピウム臭化物は1日3回,イプラトロピウム臭化物水和物は1日3~4回,吸入します。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 吸入薬>抗コリン薬>グリコピロニウム臭化物・インダカテロールマレイン酸塩配合剤
形状 吸入剤
製造販売会社 ノバルティス
保険薬価 吸入剤   1カプセル 269.80円
同じ分類の薬 先発薬: テルシガンエロゾル  アトロベントエロゾル  スピリーバ吸入用カプセル  スピリーバ2.5μgレスピマット吸入用  シーブリ吸入用カプセル   

ウルティブロ吸入用カプセルの効果・効能

慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎,肺気腫)→ウルティブロは長時間作用性吸入抗コリン薬および長時間作用性吸入β₂刺激薬との併用による治療が必要な場合に使用
[オキシトロピウム臭化物,イプラトロピウム臭化物水和物のみの適応症]気管支ぜんそく

ウルティブロ吸入用カプセルの使用上の注意と副作用

基本的注意

*スピリーバ吸入用カプセル,テルシガンエロゾル,アトロベントエロゾル,シーブリ吸入用カプセルの添付文書による

(1)使用してはいけない場合……緑内障/前立腺肥大症,排尿障害
[オキシトロピウム臭化物]スコポラミン系薬剤に対するアレルギーの前歴
[チオトロピウム臭化物水和物,イプラトロピウム臭化物水和物]本剤の成分またはアトロピン系薬剤に対するアレルギーの前歴
[グリコピロニウム臭化物]本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に使用すべき場合……[オキシトロピウム臭化物]高齢者など喀痰喀出困難を伴う人/[イプラトロピウム臭化物水和物]上室性不整脈またはその前歴/[チオトロピウム臭化物水和物]心不全,心房細動,期外収縮またはこれらの前歴/中等度以上の腎機能低下(クレアチニンクリアランス値50mL/分以下)/前立腺肥大/[グリコピロニウム臭化物]心不全,心房細動,期外収縮またはこれらの前歴/重度の腎機能障害(推算糸球体濾過量(eGFR)が30mL/分/1.73m²未満)または透析を必要とする末期腎不全/前立腺肥大
(3)指示量の厳守……定められた用量以上を使用すると副作用がおこりやすくなるので,指示された量や回数を厳守してください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性:[チオトロピウム臭化物水和物]原則として使用しない。やむを得ず使用するときは授乳を中止。[グリコピロニウム臭化物]有益と判断されたときのみ使用。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[イプラトロピウム臭化物水和物](1)アナフィラキシー様症状(じん麻疹,血管浮腫,発疹,気管支けいれん,口腔咽頭浮腫など)。(2)上室性頻脈,心房細動。
[チオトロピウム臭化物水和物](3)心不全,心房細動,期外収縮。(4)イレウス(腸閉塞)。(5)閉塞隅角緑内障(視力低下,眼痛,頭痛,眼の充血など)。(6)アナフィラキシー(じん麻疹,血管浮腫,呼吸困難など)。
[グリコピロニウム臭化物](7)心房細動。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ウルティブロ吸入用カプセルが気になる人向けのコラム

「神経内科」と「心療内科」…名前が似ていて間違えやすい診療科。どちらが何を診るの?

「脳神経外科・脳外科」に対応する内科が「神経内科」 シンケイ内科とシンリョウ内科、耳慣れない上に意味が似ているので迷いますね。 循環器外科に対応する内科が循環器内科であるように、脳神経外科・脳外科に対応する内科が神経内科です。分かりや... 続きを読む

検診を受けていた方が寿命が短い? 健康診断や人間ドックの必要性

健康診断を受けたら
寿命が縮むかも!? 「検診を毎年受けている人たちと、受けていない人たちの生存年数の比較調査では『検診を受けていた人たちの方が、寿命が短い』という結果が出ているんです」と指摘するのは、内科医で予防医学の第一人者、新潟大学... 続きを読む

過活動膀胱(OAB)の診断法-まずは7つのセルフチェックから

2002年国際禁制学会(ICS)により、新たな疾患として認められた過活動膀胱(OAB)。その症状は、急に強い尿意が起こり、もれそうな感じになる「尿意切迫感」を中心として、トイレが近くなる「頻尿」や、我慢できずにもらしてしまう「尿失禁」など... 続きを読む

喫煙者の発症率は2倍!せき・たん・息切れはCOPDかも

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、かつて「肺気腫」、「慢性気管支炎」と呼ばれた病態を合わせた病気。最大の原因は喫煙であることから肺の生活習慣病といわれ、たばこの煙や微小な粒子による気管支や肺の慢性的な炎症によって、徐々に肺の破壊が進行し、命... 続きを読む

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む