リレンザの効能・用量・副作用など

リレンザの基本情報

インフルエンザウイルスの増殖に不可欠な酵素ノイラミニダーゼの働きを阻害する作用があり,吸入によりウイルスの主な増殖部位(気道粘膜)に直接届いて効き目を発揮します。内服薬と異なり,全身的な影響が少ないという利点があります。治療に用いる場合,ザナミビルは5日間の吸入ですが,ラニナミビルは1日だけで完結するため,症状改善による服薬中止や服薬忘れの心配がないという利点も加わりました。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 吸入薬>抗インフルエンザウイルス吸入薬>ザナミビル水和物
形状 吸入剤
製造販売会社 グラクソ
保険薬価 吸入剤5mg 1ブリスター 173.50円
同じ分類の薬 先発薬: イナビル吸入粉末剤   

リレンザの効果・効能

A型またはB型インフルエンザウイルス感染症の治療およびその予防

リレンザの使用上の注意と副作用

警告

(1)どちらの薬も治療のために用いる場合は,真に必要か否かを処方医と十分に話し合うことが必要です。
(2)インフルエンザウイルス感染症の予防の基本はワクチンによる予防であり,本剤の予防使用はワクチンによる予防に置き換わるものではありません。

基本的注意

*リレンザ,イナビル吸入粉末剤の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)予防目的……予防のために用いる場合には,原則として,インフルエンザウイルス感染症を発症している人の同居家族または共同生活者で,65歳以上の高齢者,慢性呼吸器疾患,慢性心疾患,糖尿病などの代謝性疾患,腎機能障害の人を対象とします。
(3)治療開始時期……本剤は,インフルエンザ様症状が現れてから48時間以内に使用されます。それ以後の場合では,有効性を裏づけるデータが得られていません。
(4)小児・未成年……小児の場合は,適切に吸入できると判断された場合にのみ処方されます。本剤の使用後には,異常行動などの精神神経症状が現れることがあります。小児・未成年者については,異常行動による転落などの万が一の事故を防止するため,治療開始後は少なくとも2日間,保護者などは小児・未成年者が1人にならないように配慮してください。
(5)形態についての注意……専用の吸入器を使用するので,方法を十分に理解してから使用してください。
(6)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性:使用するときは授乳を中止。
・低出生体重児,新生児,乳児,[ザナミビル水和物]4歳以下の幼児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)ショック,アナフィラキシー様症状(血圧低下,顔面蒼白,冷汗,咽頭・喉頭浮腫,じん麻疹など)。(2)気管支れん縮,呼吸困難。(3)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス‐ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN),多形紅斑。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

リレンザが気になる人向けのコラム

お腹が痛い!どこがどんな風に痛い? 痛む場所から疑われる病気をイラストで解説

「腹痛」といっても、痛みの種類や痛む場所によって原因はさまざま。ときには、その腹痛が病気の前兆の場合もあります。腹痛で疑われる病気をまとめてご紹介します。 腹痛から原因の病気が特定できる 腹部は、体の中心で重要な臓器が集まっている場所... 続きを読む

自閉症(広汎性発達障害)とはどんな病気? 症状がでるのは何歳から?

発達障害のひとつ、自閉症。コミュニケーションが苦手で、自分独自の強いこだわりがあるなどの特徴があげられます。何歳頃にわかるのか、どういった対応をすればよいのかなどについて解説します。 臨機応変に動くことが難しい 自閉症とは、広汎性発達... 続きを読む

ADHD 注意欠陥・多動性障害(発達障害)とは? 年齢別に見る症状

じっとしていられない、忘れ物が多いなどの症状が現れる発達障害「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」。年齢ごとに現れる症状の特徴についてまとめました。 ADHDの中でもさらに細かな分類がある 発達障害には、大きく分けて3つの分類があります... 続きを読む

生理の量が多い-昼でも夜用を使うようなら子宮筋腫の疑いが

成人女性に多く見られる病気に子宮筋腫があります。早くから見つけておけばたいしたことのない病気ですが、大きくなってから、困った症状が出てからの治療では、ひどい目に遭うことがありますから、早めに見つけておくほうが有利です。
治療の必要な子... 続きを読む

水虫の正しい知識 Part3-爪水虫の診察前にチェックする7つのこと

診察では、問診といって「爪が白くなるような症状は、いつから起こったか」「爪がぼろぼろ壊れることはないか」などを患者さんにたずねることから始まります。
ときには家族構成や、そのなかで患者さんと同じような症状、病気を持った人がいないかどうか... 続きを読む