ビソルボン吸入液の効能・用量・副作用など

ビソルボン吸入液の基本情報

気管支における漿液分泌を増加させます。また,粘液を溶かす作用,線毛運動を亢進させる作用もあり,痰のキレをよくします。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 吸入薬>ブロムヘキシン塩酸塩>ブロムヘキシン塩酸塩
形状 吸入剤
製造販売会社 ベーリンガー
保険薬価 吸入剤0.2% 1mL 16.80円
同じ分類の薬 ジェネリック薬: ブロムヘキシン塩酸塩吸入液 

ビソルボン吸入液の効果・効能

以下の場合の去痰→急性・慢性気管支炎,肺結核,塵肺(じんぱい)症,手術後

ビソルボン吸入液の使用上の注意と副作用

基本的注意

*ブロムヘキシン塩酸塩(ビソルボン吸入液)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ使用。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)ショック,アナフィラキシー様症状(発疹,血管浮腫,気管支けいれん,呼吸困難,かゆみなど)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ビソルボン吸入液が気になる人向けのコラム

医者が教える【医者のホンネ】 50%の確立で治るはほぼ大丈夫の意味?

医者にかかったとき、「五分五分です」と言われたら……?
「え、そんなに悪いんですか!?」と驚きますよね。実はこれ「50%の確率でしかよくならない」ではなく、「ほぼ大丈夫」という意味なんです!
言葉の裏に隠された「医者コトバ」のホンネを、... 続きを読む

医者が教える「ダメな医者を見分ける9つのポイント」


お医者様のお言葉にハイハイと素直にうなずき、お薬をもらって帰る。そんな“聞きわけのいい患者”でいると、病気がいつまでも治らないかもしれません。 「患者さんの不満でよく聞くのは“医者が一度も自分の顔を見てくれなかった”という話。コミュニ... 続きを読む

実は「うがい」は不要だった?【インフルエンザの予防法】最新情報

2011-2012年の冬シーズンから、国の公的機関におけるインフルエンザ予防法の中にあった「うがいの励行」が消えました。最近アップされた首相官邸のホームページにある「(季節性)インフルエンザ対策」にも、マスクや手洗いの励行はあっても、「... 続きを読む

目やにが大量にでるのは病気? 目やにの原因とケアの正しい仕方

「目くそ鼻くそを笑う」ということわざがあります。自分の欠点には気づかずに、他人の欠点を見下すことの例えです。確かにいますよね、こういう人。なぜ目くそ(目やに)と鼻くそが例えに用いられるのかというと、元は一緒で汚さではどっちもどっち、同じよ... 続きを読む

肺も老化する? 咳が止まらない・息切れする人は要注意! 6つのチェック診断

運動不足を解消するために階段を使ってみたら、なんだか息がゼイゼイ……。普段、呼吸する時は意識していませんが、呼吸を行っているのは「肺」。そして、肺もお肌のように、年齢とともに老化すること、知っていましたか? 風邪と診断されたのに「肺が... 続きを読む