ジドレンテープの効能・用量・副作用など

ジドレンテープの基本情報

狭心症に用いるイソソルビドやニトログリセリンを,貼り薬・スプレーの剤形にしたものです。貼り薬は長期的なコントロールに,スプレーは発作時の舌下錠の代替として開発されました。参考:内服の亜硝酸誘導体亜硝酸誘導体を参考にしてください。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 経皮吸収型の製剤>冠血管拡張薬>ニトログリセリン
形状 貼付剤
製造販売会社 東和=田辺三菱=田辺販売
保険薬価 貼付剤27mg 9.6cm 1枚 70.90円
同じ分類の薬 先発薬: ミオコールスプレー  ニトロダームTTS    ジェネリック薬: イソピットテープ  ニトラステープ  硝酸イソソルビドテープ 

ジドレンテープの効果・効能

[硝酸イソソルビド貼付剤の適応症]狭心症,心筋梗塞(急性期を除く),その他の虚血性心疾患
[ニトログリセリン貼付剤の適応症]狭心症
[ミリステープの適応症]狭心症,急性心不全(慢性心不全の急性増悪期を含む)
[ニトロールスプレー,ミオコールスプレーの適応症]狭心症発作の寛解

ジドレンテープの使用上の注意と副作用

基本的注意

*硝酸イソソルビド(フランドルテープ),ニトログリセリン(ニトロダームTTS,ミリステープ,ミオコールスプレー)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……重い低血圧/心原性ショック/閉塞隅角緑内障/頭部外傷/脳出血/重い貧血/硝酸・亜硝酸エステル系薬剤に対するアレルギーの前歴/ホスホジエステラーゼ5阻害作用のある勃起不全治療薬シルデナフィルクエン酸塩ほか(シルデナフィルクエン酸塩,バルデナフィル塩酸塩水和物,タダラフィル)の使用中
(2)慎重に使用すべき場合……低血圧/原発性肺高血圧症/肥大型閉塞性心筋症/[ミオコールスプレー]心筋梗塞の急性期/[硝酸イソソルビド貼付剤]肝機能障害/高齢者
(3)血圧低下……本剤の使用により,過度の血圧低下,意識喪失がおこったときは,テープ剤ならテープをはがし,下肢を挙上したり,昇圧薬を使用するなどして,落ち着いたら処方医へ連絡してください。
(4)スプレー剤……スプレー剤を使用するときは必ず説明書をもらい,用法・用量を厳守してください。
(5)危険作業は中止……本剤を使用すると,注意力・集中力・反射運動能力の低下などがおこるおそれがあります。本剤の使用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(6)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性:原則として使用しない。やむを得ず使用するときは授乳を中止。[ミリステープ,ミオコールスプレー]使用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ジドレンテープが気になる人向けのコラム

急死した前田健。死因となった「虚血性心疾患」とは?【芸能人の健康まとめ】

タレント前田健さんが44歳の若さで急死されました。 発表された死因は虚血性心疾患。突然死を招く危険をはらむ心疾患と、普段からの予防法について取り上げます。 「虚血性心疾患」ってどんな病気? 心臓の筋肉(心筋)に血液を送っている動脈(冠... 続きを読む

敗血症の原因と症状、治療法を知っておこう

全身の臓器が急激に炎症を起こす敗血症とは
敗血症は、全身の臓器に炎症がおこる「全身性炎症症候群」を引き起こす重篤な疾患です。敗血症は、急速に症状がすすむ特長があり、時間単位で重篤化してしまう場合あります。敗血症に感染した患者のうち3人に... 続きを読む

動悸や息切れで分かる不整脈の危険性

不整脈とは

正常な脈は、眠ったり休息しているときにはゆっくりうち、運動したり精神的興奮や発熱があると速くうちます。何の誘因もないのに、脈がゆっくりうったり、速くうったり、不規則にうったりするのが、不整脈です。
脈拍(みゃくはく)が... 続きを読む

電気をつけたままで寝ると大変なことに

肥満になるリスクが高くなる

肥満の自覚症状として頻度の高いものは呼吸障害です。睡眠時に、いびきや10秒以上の無呼吸が頻繁に認められ(睡眠時無呼吸(すいみんじむこきゅう)症候群)、日中の注意力障害、居眠りを起こしたりします。さらに重症... 続きを読む

関節リウマチは30代の女性にも発症する? 進化した治療法とは

関節リウマチは、免疫の異常によって全身の関節に慢性的な炎症が起こる病気です。炎症によって腫れや痛みが生じ、放置すれば骨や軟骨が徐々に破壊されて変形することもあり、そうなると日常生活や仕事に支障を来します。
関節以外にも、呼吸器の病気や動... 続きを読む