ツロブテロールテープの効能・用量・副作用など

ツロブテロールテープの基本情報

交感神経β₂-アドレナリン受容体刺激薬で,皮膚を通して持続的に吸収されるので気管支拡張の長時間コントロールが可能です。全身に作用するので,内服薬と同じ注意が必要です。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 経皮吸収型の製剤>経皮吸収型閉塞性気道疾患治療薬>ツロブテロール
形状 貼付剤
製造販売会社 ニプロパッチ=エルメッド
保険薬価 貼付剤0.5mg 1枚 28.00円
貼付剤1mg 1枚 39.20円
貼付剤2mg 1枚 51.20円
同じ分類の薬 先発薬: ホクナリンテープ    ジェネリック薬: セキナリンテープ  ツロブニストテープ  ツロブテロールテープ 

ツロブテロールテープの効果・効能

気管支ぜんそく・急性気管支炎・慢性気管支炎・肺気腫の気道閉塞性障害にもとづく呼吸困難などの諸症状の緩解

ツロブテロールテープの使用上の注意と副作用

基本的注意

*ツロブテロール(ホクナリンテープ)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に使用すべき場合……甲状腺機能亢進症/高血圧症/心疾患/糖尿病/アトピー性皮膚炎/高齢者
(3)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性:使用するときは授乳を中止。
・乳児(6カ月未満)での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)アナフィラキシー様症状(呼吸困難,全身潮紅,血管浮腫,じん麻疹など)。(2)重症の血清カリウム値の低下(特に重症のぜんそくの人は注意が必要です)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ツロブテロールテープが気になる人向けのコラム

大人のぜんそくが増えている? ぜんそくを疑う10の症状と治療法

大人の気管支ぜんそく(以下、ぜんそく)が増えています。ぜんそくの発作は、空気の通り道である気道の粘膜が何らかの刺激に過敏に反応して慢性的な炎症を起こし、狭くなる(狭窄する)ことで起こります。発作時、患者さんは「鼻をつまんで細いストローで呼... 続きを読む

大人のぜんそくが増えている-激しいせきはぜんそく?8つの症状

なかなか止まらない激しいせき、呼吸のたびにゼーゼー、ヒューヒューと鳴るのど、そして息苦しさ。このようなぜんそくの発作は、空気の通り道である気道の粘膜がちょっとした刺激に過敏に反応し、気道が狭くなることで起こります。
刺激に反応した気道で... 続きを読む

咳が治らない原因は「咳喘息」かも? 咳喘息の6つの症状とは

風邪は治ったはずなのに、咳(せき)がなかなか止まらず1カ月以上も続いている――こんな場合は「咳喘息(せきぜんそく)」という病気になっている疑いがあります。
咳喘息は、気管支の内側の粘膜に慢性的に炎症が起こっていて、ちょっとした刺激にも... 続きを読む

成人になってからでも発症するぜんそく-治療法や気をつけること

ぜんそくの発作は薬の吸入などで治まり、発作が治まると何事もなかったようにケロっとして、健康な人と変わらない生活を送ることができます。しかし、気道の炎症は静かに続いています。
前回述べたように、ぜんそくは、気道が慢性的な炎症によって狭く... 続きを読む

睡眠時無呼吸症候群 Part1 こんないびきの人は気をつけて!

「いびきがすごいね」といわれたことはありませんか?
寝入りばなにかくいびき、あるいはお酒を飲んだときや疲れたときにかく、いわゆる習慣性のいびきは、医学的にあまり心配ないいびきだといわれます。
しかし、あおむけに寝ると大きくなるいびき、... 続きを読む