ベセルナクリームの効能・用量・副作用など

ベセルナクリームの基本情報

尖圭コンジローマとは性感染症の一つで,ウイルスの感染により発症し,性器や肛門のまわりに疣贅(ゆうぜい)と呼ばれるイボ状の病変をつくります。この薬は,イボに直接塗ることでウイルスに対する免疫力を高め,ウイルスの増殖を抑え,イボを消失させる働きをする国内初の尖圭コンジローマ治療薬です。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 その他の外用薬>イミキモド>イミキモド
形状 クリーム剤
製造販売会社 持田
保険薬価 クリーム剤5%250mg 1包 1,168.50円

ベセルナクリームの効果・効能

尖圭コンジローマ(外性器または肛門周囲に限る),日光角化症(顔面または禿頭(とくとう)部に限る)

ベセルナクリームの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)使用してはいけない部位……尿道,腟内,子宮頸部,直腸および肛門内
(3)基本的注意……この薬は過量に塗布してはいけません。重度の紅班,びらん,潰瘍,表皮剥離などが現れることがあります。また重度の炎症反応とともに,悪寒,発熱,筋肉痛などのインフルエンザ様症状が現れることがあります。この場合は,すぐ医師に相談してください。塗布部位やその周辺に色素沈着や色素脱失がおこる場合があります。本剤を塗布した状態での性行為は避けてください。本剤の影響で,パートナーに皮膚障害などがおこる可能性があります。
(4)使用方法……[尖圭コンジローマ](1)外性器または肛門周囲の疣贅のみに使用し,それ以外には使用してはいけません。(2)塗布後,6~10時間を目安に洗い流してください。塗布時間の延長で,重度の皮膚障害が現れやすくなります。(3)連日の使用を避け,週3回の塗布を守ってください(月・水・金または火・木・土という使い方をします)。(4)薄く塗り,クリームが見えなくなるまですり込んでください。(5)使用期間は原則として16週間までです。
[日光角化症](1)塗布後,約8時間を目安に必ず洗い流してください。(2)連日の使用を避け,週3回の塗布を守ってください(月・水・金または火・木・土など)。(3)治療部位(25cm²までを目安)に最大1包塗り,クリームが見えなくなるまですり込んでください。(4)4週間塗布後,4週間休薬し,病変が消失した場合は終了とし,効果不十分の場合はさらに4週間塗布します。(5)それでも効果が認められない場合は,他の適切な治療に切り替えます。
(5)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ使用。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)重篤な潰瘍,びらん,紅斑,浮腫,表皮剥離などの皮膚障害。(2)(女性において腟口や尿道付近に塗布した場合)疼痛や浮腫による排尿困難。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ベセルナクリームが気になる人向けのコラム

腟の入り口の痛みやかゆみ、腫れの原因は?どの病院にいけばいい?

腟や尿道口(おしっこの出口)の周辺、つまり外陰部にできものがある、イボ(ブツブツ)がある、という理由で外来に来る人がいます。しかし困ったことに、自分の外陰部を見たことがないという人も珍しくないのです。
外陰部は他人と比べることは少ない... 続きを読む

性器の小さな水ぶくれは性器ヘルペスかも? 有効な迅速診断法とは

「性器ヘルペス」は、単純ヘルペスウイルスが原因で起こる病気です。主に性行為によって感染する性感染症の一つで、女性では性器クラミジア感染症に次いで2番目に多く、とくに20~30代の患者さんが目立ちます。
単純ヘルペスウイルスには1型と2... 続きを読む

帯状疱疹と単純ヘルペスの違いとは? ヘルペスの治療法

ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まった状態のことで、一般にヘルペスウイルスの感染によって発症する病気をさします。帯状疱疹(たいじょうほうしん)と単純ヘルペスに分けることができ、この二つはウイルスの種類が異なります。
帯状疱疹は、激しい痛... 続きを読む

女性のセックスの痛みの原因は? 病気の場合の心理的な問題の場合

女性にとってセックスのときの痛み(性交痛)は、近しい人や当のパートナーにすら言い出しづらく、苦痛をがまんするあまりパートナーとの関係自体にも影響することがあります。
性交痛の原因は本当にさまざまですが、一般に多いのは、女性側に「体の準... 続きを読む

女性の大事な体を支える「骨盤底」とは? 生活の質に大きく影響

「骨盤底」と聞いても、「ナニ?それ」と首をかしげる人が多いのではないでしょうか。
骨盤底は女性の体にとって、とても重要な役割を果たしています。骨盤底は骨盤の底にあり、腹部臓器を支えている部分で、筋肉や繊維組織で形成されています。
骨... 続きを読む