アズノールうがい液の効能・用量・副作用など

アズノールうがい液の基本情報

ヨード系のうがい薬が口腔内の殺菌を目的とするのに対し,アズレンスルフォン酸ナトリウムを含むうがい薬は炎症を抑えることを目的として処方されます。「うがい」といってもゴロゴロのどを鳴らしてすぐ吐き出すよりも,口に含んで炎症部分に十分に接触させる方が理にかなっています。万一飲み込んでも,アズレンスルフォン酸ナトリウムは胃腸薬として内服薬にも用いられている成分なので,神経質になる必要はありません。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 その他の外用薬>うがい用薬>アズレンスルフォン酸ナトリウム水和物うがい用薬
形状 含嗽剤
製造販売会社 日本点眼=日本新薬
保険薬価 含嗽剤4% 1mL 46.80円
同じ分類の薬 先発薬: アズノール・ガーグル顆粒    ジェネリック薬: アズレン含嗽用顆粒  アテネレン含嗽用顆粒  エマーゲン顆粒含嗽用  水溶性アズレン含嗽用顆粒 

アズノールうがい液の効果・効能

咽頭炎,扁桃炎,口内炎,急性歯肉炎,舌炎,口腔創傷

アズノールうがい液の使用上の注意と副作用

基本的注意

*アズノール・ガーグル顆粒などの添付文書による

(1)使用方法……1回量を適量(約100mL)の水または微温湯に溶かし,1日数回うがいします。年齢,症状により適宜増減します。
(2)抜歯後などの口腔創傷の場合……血餅(けっぺい)の形成が阻害されると思われる時期には,激しい洗口は避けます。

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

アズノールうがい液が気になる人向けのコラム

今が始めどき!「舌下減感作療法」で来年の花粉症がラクになる

今年の春も多くの人が悩まされた花粉症。スギ花粉のシーズンが過ぎ、やっと楽になったと胸をなで下ろしている人が少なくないと思いますが、来年の春のために今からはじめる花粉症治療があります。 一般的な花粉症薬のような対症療法とは違い、花粉症の... 続きを読む

大人がうつると大変なヘルパンギーナに要注意

高熱とのど奥の水疱が主症状
ヘルパンギーナは、毎年夏から秋にかけて小児の間で流行しやすい夏風邪の一種です。コクサッキーウイルスが主な感染源ですが、原因となるウイルスは他にもあり、何度もかかる可能性があります。


毎年7月ごろをピ... 続きを読む

風邪のひき始めの薬は効果なし? 薬剤師が教える薬を飲むことの危険性

薬を飲めば飲むほど
病気に弱い体になっていく? 「薬の目的は症状を一時的に抑えること。治すものではありません」と話すのは、薬剤師の宇多川久美子さん。ちょっと具合が悪いからと“カジュアルに飲んでいる”と、深刻な不調を引き起こすこともある... 続きを読む

本当はコワい! 「ただの風邪」に潜む“大人の病気”

年齢とともに、なんだか風邪が治りにくくなったと感じていませんか? コンタック総合研究所の調べによると、2〜3日以内で風邪が完治する割合は年齢とともに低下、30〜40代になると6〜7日程度治らなかったり、1週間以上長引く人の割合が増える傾... 続きを読む

風邪には抗生物質は効かない? 細菌とウイルスの違いがポイント

抗生物質が効くのは細菌だけ 「風邪をひいたから病院に行って抗生剤をもらって早く治そう」と思って病院に行ったのに、抗生物質は処方されなかった……こんな経験はありませんか? 風邪には基本的に抗生物質は不要です。その理由を知るには、細菌とウ... 続きを読む