バイエッタ皮下注10μgペン300の効能・用量・副作用など

バイエッタ皮下注10μgペン300の基本情報

食事の摂取に伴い,消化管から産生されるホルモン「インクレチン」の1つであるグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)には,膵臓のβ(ベータ)細胞に働いてインスリンを放出させ血糖値を下げる作用があります。このGLP-1の血糖コントロール作用を利用した血糖降下薬です。
GLP-1には,血糖値を上げるホルモンであるグルカゴンの分泌を抑制する作用,胃内容物の排出を遅らせる作用,食欲を抑える作用もあり,空腹時や特に食後の血糖値の上昇を抑制し,体重の減少効果も認められています。
なお,バイエッタとビデュリオンは他のスルフォニルウレア剤などの糖尿病薬と併用して用いる薬剤で,本剤の単独療法に関する有効性・安全性は確立していません。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 糖尿病の薬>糖尿病治療薬(2)(インクレチン関連製剤)>エキセナチド
形状 注射用剤
製造販売会社 アストラ
保険薬価 注射用剤300μg 1キット 9,937.00円
同じ分類の薬 先発薬: バイエッタ皮下注5μgペン300  ビクトーザ皮下注  ビデュリオン皮下注用  リキスミア皮下注   

バイエッタ皮下注10μgペン300の効果・効能

[ビクトーザの適応症]2型糖尿病。ただし,以下のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る→(1)食事療法・運動療法のみ,(2)食事療法・運動療法に加えてスルフォニルウレア剤糖尿病治療薬(スルフォニルウレア系)を服用
[バイエッタの適応症]2型糖尿病。ただし,食事療法・運動療法に加えてスルフォニルウレア剤(ビグアナイド系薬剤糖尿病治療薬(ビグアナイド系)またはチアゾリジン系薬剤ピオグリタゾン塩酸塩との併用を含む)を使用しても十分な効果が得られない場合に限る。
[ビデュリオンの適応症]2型糖尿病。ただし,食事療法・運動療法に加えてスルフォニルウレア剤,ビグアナイド系薬剤およびチアゾリジン系薬剤(各薬剤単独療法または併用療法を含む)による治療で十分な効果が得られない場合に限る。
[リキスミアの適応症]2型糖尿病。ただし,以下のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る→(1)食事療法・運動療法に加えてスルフォニルウレア剤(ビグアナイド系薬剤との併用を含む)を使用,(2)食事療法,運動療法に加えて持効型溶解インスリンまたは中間型インスリン製剤糖尿病治療薬(1)(インスリン製剤) (スルフォニルウレア剤との併用を含む)を使用

バイエッタ皮下注10μgペン300の用法・用量

[バイエッタ皮下注]1日2回,朝食・夕食前(60分以内)に指定された単位を皮下注射。[ビデュリオン皮下注用]週1回,2mgを皮下注射。

バイエッタ皮下注10μgペン300の使用上の注意と副作用

基本的注意

*ビクトーザ,バイエッタ,ビデュリオンの添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/糖尿病性ケトアシドーシス,糖尿病性昏睡,1型糖尿病/重症感染症,手術などの緊急の場合
[バイエッタ,ビデュリオンのみ]前昏睡/透析患者を含む重い腎機能障害
(2)慎重に使用すべき場合……糖尿病胃不全麻痺などの胃腸障害/腎機能障害/肝機能障害/膵炎の前歴/低血糖をおこすおそれのある状態のとき(脳下垂体機能不全・副腎機能不全,栄養不良状態,飢俄(きが)状態,不規則な食事摂取,食事摂取量の不足,衰弱状態,激しい筋肉運動,過度のアルコール摂取)/腹部手術の前歴/腸閉塞の前歴/高齢者
[ビクトーザのみ]スルフォニルウレア剤を投与中
(3)定期的に検査……本剤を使用する場合には,血糖,尿酸を定期的に検査し,薬剤の効果を確かめ,3~4カ月間使用して効果が不十分な場合には,速やかに他の治療薬へ切り替えます。
(4)食事摂取量(食事療法)……本剤の使用継続中に,患者の不養生,感染症の合併などにより効果がなくなったり,不十分になる場合があります。本剤の使用中は指定された食事摂取量を守り,また血糖値,感染症の有無などに十分注意してください。
(5)妊婦など……妊婦または妊娠している可能性のある人は本剤を使用せず,インスリン製剤を使用します。動物実験で,胎児の発育遅延(バイエッタのみ),軽度の骨格異常などが報告されています。
(6)甲状腺関連の有害事象……[ビクトーザ]臨床試験において,血中カルシトニン値上昇,甲状腺腫,甲状腺新生物(腫瘍)などの甲状腺関連の有害事象が報告されています。本剤の使用中は甲状腺関連の症候に注意し,異常が認められた場合には専門医を受診してください。
(7)作用の遅延……[バイエッタ]本剤と併用すると,抗生物質,経口避妊薬などの経口剤は作用の発現が遅れるおそれがあります。本剤を使用する少なくとも1時間前にこれらの薬剤は服用してください。
(8)危険作業に注意……[バイエッタ,ビデュリオン]本剤を服用すると,低血糖をおこすことがあります。服用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は十分に注意してください。
(9)その他……
・妊婦での安全性:未確立。原則として使用しない。
・授乳婦での安全性:使用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)低血糖および低血糖症状(脱力感,倦怠感,高度の空腹感,冷汗,顔面蒼白,動悸,ふるえ,頭痛,めまい,吐きけ,知覚異常など)。(2)急性膵炎,壊死性膵炎。(3)腸閉塞(高度の便秘,腹部膨満,持続する腹痛,嘔吐)。
[バイエッタ,ビデュリオンのみ](4)腎不全。(5)アナフィラキシー反応,血管浮腫。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

バイエッタ皮下注10μgペン300が気になる人向けのコラム

糖尿病食ダイエットとは

糖尿病食
糖尿病食ダイエットとは、糖尿病患者向けに用意された食事を取り入れるダイエットです。糖尿病食は、血糖値を急激に上昇させることのないようなメニューなので、ダイエットにも効果があるとされています。カロリー制限が一般的ですが、食材や食... 続きを読む

やせている人は糖尿病にならないは間違い? インスリンの役割とは

肥満は糖尿病の重要な因子だが肥満でなくてもなることはある。 2型糖尿病は遺伝的な体質に様々な環境因子が加わって発症。やせていても加齢や運動不足などでなることも。 インスリンが不足して血糖値が上がるのが糖尿病 糖尿病は尿に糖が出る病気... 続きを読む

ボーンペップ

いま日本の骨粗しょう症の患者数は約1千万人。特にホルモンが減少する閉経後の女性がかかりやすいため、アラフォー世代から予防を心がけることが重要です。そこで、今注目されているのが骨を強くする新成分“ボーンペップ”。鶏卵からヒヨコが生まれるメカ... 続きを読む

大豆ペプチドで痩せ体質を手に入れる

大豆ペプチド
大豆や牛乳に豊富に含まれている「大豆ペプチド」は、体の基礎代謝を促進する効果のある栄養素です。
基礎代謝を挙げることができれば毎日の消費カロリーがアップし、じっとしていても効率的にカロリーを消費できる痩せ体質になること... 続きを読む

善玉HDLコレステロールは多いほうが良い-増やすポイントは?

特定健康診査における脂質の基準値は、LDLコレステロール(LDL-C)120mg/dl未満、HDLコレステロール(HDL-C)40mg/dl以上、中性脂肪(トリグリセリド;TG)150mg/dl未満です。こうした基準値は通常、大きい値のほ... 続きを読む