注射用エンドキサンの効能・用量・副作用など

注射用エンドキサンの基本情報

アルキル基と呼ばれる原子のかたまりをがん細胞のDNAに付着させ,DNAの合成を阻害することで抗がん作用を発揮するので,アルキル化剤と呼ばれています。また,免疫抑制効果ももち,治療抵抗性の膠原病などにも用いられます。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 アルキル化剤>シクロホスファミド水和物>シクロホスファミド水和物
形状 注射用剤
製造販売会社 塩野義
保険薬価 注射用剤100mg 1瓶 320.00円
注射用剤500mg 1瓶 1,254.00円
同じ分類の薬 先発薬: エンドキサン  経口用エンドキサン原末   

注射用エンドキサンの効果・効能

(1)次の疾患の自覚的・他覚的症状の緩解→多発性骨髄腫,悪性リンパ腫(ホジキン病,リンパ肉腫,細網肉腫),肺がん,乳がん,急性白血病,真性多血症,子宮頸がん,子宮体がん,卵巣がん,神経腫瘍(神経芽腫,網膜芽腫),骨腫瘍
(2)次のがんにおける他の抗がん薬との併用による自覚的・他覚的症状の緩解→慢性リンパ性白血病,慢性骨髄性白血病,咽頭がん,胃がん,膵がん,肝がん,結腸がん,精巣(睾丸)腫瘍,絨毛性疾患(絨毛がん,破壊胞状奇胎,胞状奇胎),横紋筋(おうもんきん)肉腫,悪性黒色腫
(3)次のがんに対する他の抗がん薬との併用療法→乳がん(手術可能例における術前,あるいは術後化学療法)
(4)褐色細胞腫
(5)次の疾患の造血幹細胞移植の前治療→急性白血病,慢性骨髄性白血病,骨髄異形成症候群,重症再生不良性貧血,悪性リンパ腫,遺伝性疾患(免疫不全,先天性代謝障害・先天性血液疾患:ファンコニー貧血,Wiskott-Aldrich症候群,Hunter病など)
(6)次の治療抵抗性のリウマチ性疾患→全身性エリテマトーデス,全身性血管炎(顕微鏡的多発血管炎,ヴェゲナ肉芽腫症,結節性多発動脈炎,チャーグ・ストラウス症候群,大動脈炎症候群など),多発性筋炎・皮膚筋炎,強皮症,混合性結合組織病,血管炎を伴う難治性リウマチ性疾患

注射用エンドキサンの使用上の注意と副作用

警告

(1)本剤と,ペントスタチンペントスタチンを併用してはいけません。外国で,錯乱,呼吸困難,低血圧,肺水腫などが現れ,心毒性により死亡した例が報告されています。
(2)造血幹細胞移植の前治療に本剤を使用すると,強い骨髄機能抑制により致命的な感染症などが発現するおそれがあります。使用に際しては,緊急時に十分に措置できる医療施設で,造血幹細胞移植に十分な経験を持つ医師に,有効性・危険性を十分に聞き・たずね,同意してから受けなければなりません。
(3)治療抵抗性のリウマチ性疾患で本剤の投与を受ける場合は,緊急時に十分対応できる医療施設において,本剤についての十分な知識と治療抵抗性のリウマチ性疾患治療の経験を持つ医師のもとで受けなければなりません。

基本的注意

(1)使用してはいけない場合……ペントスタチンの使用中/本剤の成分に対する重いアレルギーの前歴/重症感染症の合併
(2)慎重に使用すべき場合……肝機能障害/腎機能障害/骨髄機能抑制/感染症の合併/水痘/高齢者
[造血幹細胞移植の前治療のみ]膀胱障害/ファンコニー貧血
(3)頻回に検査……骨髄機能抑制,出血性膀胱炎などの重い副作用がおこることがあるので,頻回に血液,尿,肝機能,腎機能などの検査を受ける必要があります。
(4)尿量の増加……使用中は出血性膀胱炎などを防ぐため,水分を十分にとって尿量の増加をはかってください。
(5)水痘……水痘(水ぼうそう)の人が使用すると,致命的な全身障害が現れることがあるので,状態に十分注意してください。
(6)感染症,出血傾向……使用によって,感染症,出血傾向の発現または悪化がおこりやすくなるので,状態に十分注意してください。
(7)性腺への影響……小児および生殖可能な年齢の人が使用すると,性腺に影響がでることがあります。処方医とよく相談してください。
(8)二次発がん……本剤の使用によって,急性白血病,骨髄異形成症候群(MDS),膀胱腫瘍,悪性リンパ腫,腎盂・尿管腫瘍などが発生したとの報告があります。
(9)その他……
・妊婦での安全性:原則として使用しない。
・授乳婦での安全性:使用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)血圧低下,呼吸困難,じん麻疹,喘鳴(ぜんめい),不快感などで始まるショック,アナフィラキシー症状。(2)汎血球減少,貧血,白血球減少,血小板減少,出血などの骨髄機能抑制。(3)出血性膀胱炎,排尿障害。(4)イレウス(腸閉塞),胃腸出血。(5)心筋障害,心不全,心タンポナーデ,心膜炎,心のう液貯留。(6)間質性肺炎,肺線維症。(7)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN)。(8)低ナトリウム血症,低浸透圧血症,尿中ナトリウム排泄量の増加,高張尿,けいれん,意識障害などを伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)。(9)肝機能障害,黄疸。(10)急性腎不全。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

注射用エンドキサン - PC

PCD  説明(別ウィンドウ表示)

注射用エンドキサンが気になる人向けのコラム

ピーコが患った「悪性黒色腫」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】

テレビでお馴染みのタレントでファッション評論家でもあるピーコさんは1989年、悪性黒色腫の診断を受けて左眼を摘出し義眼を挿入したことを公表しています。 goo Wikipedia
より 悪性黒色腫とはどのような病気なのでしょうか? 悪... 続きを読む

遺伝性乳がん・卵巣がんにかかる可能性が高い人とは?

日本で乳がんにかかる人は年々増加を続け、現在1年間に約6万人が新たに乳がんと診断されています。また、日本人女性において一生のうちに乳がんにかかる確率は、現時点で15人に1人と言われています。乳がんで亡くなる人も長年増加傾向にありましたが、... 続きを読む

子宮体がんと子宮頸がんの違いは? 女性に知ってほしいガンの症状

子宮にできるがんを「子宮がん」と呼びますが、子宮がんには「子宮体がん」と「子宮頸がん」があります。この2つはまったく別の種類のがんで、特徴も大きく異なります。「子宮体がん」と「子宮頸がん」、2つの違いについて、自治医科大学附属さいたま医療セ... 続きを読む

子宮頸がんより死亡数が多い卵巣がん-リスク低下には睡眠が大事

卵巣がんは、かつては欧米の女性に多いがんでしたが、近年は日本でも増加傾向にあります。乳がんや子宮がんほどには話題になることが少ない卵巣がんですが、1年間の罹患数は約9,900人、死亡数は約4,700人と推計されています(国立がん研究センタ... 続きを読む

細菌やウイルスの感染によるガン 肝臓ガン・胃がん・子宮頸がん

肝がんの約90%はC型肝炎ウイルス(HCV)、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染した後、発症しています。とくに日本人にはHCVの感染者が多く、その数は100~200万人ともいわれます。しかし、HCV感染者のすべてが肝がんを発症するわけではあ... 続きを読む