ロイナーゼ注用の効能・用量・副作用など

ロイナーゼ注用の基本情報

アスパラギンは,リンパ腫のような腫瘍細胞が増殖するのに必須の物質です。この薬剤は血中のL-アスパラギンを分解して,アスパラギンを必要とする腫瘍細胞を栄養欠乏状態にすることで,抗腫瘍効果を発揮します。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 その他の抗がん薬>L-アスパラギナーゼ>L-アスパラギナーゼ
形状 注射用剤
製造販売会社 協和キリン
保険薬価 注射用剤5,000K単位 1瓶 2,334.00円
注射用剤10,000K単位 1瓶 4,707.00円

ロイナーゼ注用の効果・効能

急性白血病(慢性白血病の急性転化例を含む),悪性リンパ腫

ロイナーゼ注用の使用上の注意と副作用

警告

本剤は,緊急時に十分に措置できる医療施設で,造血器悪性腫瘍の治療に対して十分な知識・経験をもつ医師のもとで,適切と判断される人にのみ使用されるべき薬剤です。また,医師からその有効性・危険性の十分な説明を受け,患者および家族が納得・同意できなければ治療に入っていくべきではありません。

基本的注意

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対する重いアレルギーの前歴
(2)慎重に使用すべき場合……膵炎またはその前歴/肝機能障害/腎機能障害/骨髄機能抑制/感染症の合併/水痘
(3)脳の器質的障害……本剤の使用によって,広範な脳の器質的障害がおこり,死亡した例があります。頭痛,発熱,食欲不振,ふるえ,けいれん,集中力の低下,無気力状態などの症状がみられたら,すぐに処方医に連絡してください。
(4)水痘……水痘(水ぼうそう)の人が使用すると,致命的な全身障害が現れることがあるので,状態に十分注意してください。
(5)感染症,出血傾向……使用によって,感染症,出血傾向の発現または悪化がおこりやすくなるので,状態に十分注意してください。
(6)性腺への影響……小児および生殖可能な年齢の人が使用すると,性腺に影響がでることがあります。処方医とよく相談してください。
(7)頻回に検査……骨髄機能抑制などの重い副作用がおこることがあるので,頻回に血液,肝機能,腎機能などの検査を受ける必要があります。
(8)その他……
・妊婦での安全性:原則として使用しない。
・授乳婦での安全性:未確立。使用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)ショック,アナフィラキシー(じん麻疹,血管浮腫,悪寒,嘔吐,呼吸困難,意識混濁,けいれんなど)。(2)脳出血,脳梗塞,肺出血などの重い凝固異常。(3)重い急性膵炎,膵ランゲルハンス島炎による糖尿病。(4)意識障害を伴う高アンモニア血症。(5)昏睡,意識障害,見当識障害。(6)肝不全などの重い肝機能障害。(7)広範な脳の器質的障害。(8)骨髄機能抑制。(9)重い感染症(肺炎,敗血症など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ロイナーゼ注用 - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

ロイナーゼ注用が気になる人向けのコラム

白血病の基礎知識 病気の特徴と症状|主な検査方法

白血病は血液のがんの一つです。かつては「死に至る病」ともいわれましたが、診断法や治療法が進歩して治癒率もかなり上がり、現在では完治が期待できる病気の一つになっています。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」による... 続きを読む

実は「うがい」は不要だった?【インフルエンザの予防法】最新情報

2011-2012年の冬シーズンから、国の公的機関におけるインフルエンザ予防法の中にあった「うがいの励行」が消えました。最近アップされた首相官邸のホームページにある「(季節性)インフルエンザ対策」にも、マスクや手洗いの励行はあっても、「... 続きを読む

子宮筋腫になりやすい人とは 遺伝や体質や生活習慣によって違うの?

がんになりやすい体質を表す「がん家系」という言葉があるように、子宮筋腫になりやすい体質もあるのでしょうか? 子宮筋腫になりやすい体質はありません 母親が子宮筋腫に悩んでいたから、将来自分もそうなるはず……。と心配している人が多くいま... 続きを読む

上手な断り方 4つのポイント-勇気を出して上手に断る方法

たとえば、こんなことはありませんか?「今日こそ残業せずに早く帰りたいのに、帰り間際にミーティングが入ってしまって・・・」。「もうこれ以上、仕事を引き受けたら、キャパシティーオーバーなのに、今日も”できません”とは言えなかった・・・」ある人は... 続きを読む

「認知的不協和」とは? 人は自分の選択が正しいと思いたい

認知的不協和理論とは、ビジネス界ではマーケティングの分野においても注目、活用されている人間心理の法則で、アメリカの心理学者であるレオン・フェスティンガーが提唱した、社会心理学用語です。
主な定義としては、以下の通りです。・認知に不協和が存在... 続きを読む