コホリン静注用の効能・用量・副作用など

コホリン静注用の基本情報

アスペルギルス・ニデュランスという糸状菌からつくられた抗がん薬です。腫瘍細胞内の核酸の代謝に関わる酵素であるアデノシンデアミナーゼの働きを抑制することで,抗がん作用を発揮します。ヘアリーセル白血病に対して高い効果を発揮するのが特徴です。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 その他の抗がん薬>ペントスタチン>ペントスタチン
形状 注射用剤
製造販売会社 化血研=日本化薬
保険薬価 注射用剤7.5mg 1瓶 102,965.00円

コホリン静注用の効果・効能

次の疾患の自覚的・他覚的症状の緩解→成人T細胞白血病リンパ腫,ヘアリーセル白血病

コホリン静注用の使用上の注意と副作用

警告

(1)外国で,ビダラビン注射薬(販売名:アラセナA)との併用で腎不全,肝不全,神経毒性などの重い副作用が現れたとの報告があります。また,フルダラビンリン酸エステル製剤との併用で致命的な肺毒性が報告されています。いずれも本剤と併用してはいけません。
(2)本剤は,緊急時に十分に措置できる医療施設で,がん化学療法に十分な知識と経験を持つ医師に,本剤の有効性・危険性を十分に聞き・たずね,同意してから受けなければなりません。

基本的注意

(1)使用してはいけない場合……本剤に対する重いアレルギーの前歴/腎不全/水痘,帯状疱疹/ビダラビン注射薬(販売名:アラセナA)・シクロホスファミド水和物・イホスファミド・フルダラビンリン酸エステル製剤の使用中/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に使用すべき場合……肝機能・腎機能障害/心機能異常/感染症の合併/アロプリノールの服用中/高齢者
(3)検査……使用中は適宜,血液・腎機能・肝機能などの検査を,とくに腎機能障害の人は頻回に腎機能検査を受ける必要があります。
(4)その他……
・授乳婦での安全性:使用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)(腎機能障害の人で)溶血性尿毒症症候群(HUS)または腎不全。(2)骨髄機能抑制の出現・悪化(汎血球減少,白血球減少,血小板減少,貧血など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

コホリン静注用 - PC

PCD  説明(別ウィンドウ表示)

コホリン静注用が気になる人向けのコラム

衝撃 アザで発覚する白血病の恐怖

そもそも白血病とは

血液のがんの一つ。かつては不治の病と言われたが、治療法の進歩によりタイプによっては完治が期待できるようになった。血液中の赤血球、白血球、血小板などの血液細胞のもとになる細胞を造血幹細胞と言う。造血幹細胞は一定の決... 続きを読む

白血病の基礎知識 病気の特徴と症状|主な検査方法

白血病は血液のがんの一つです。かつては「死に至る病」ともいわれましたが、診断法や治療法が進歩して治癒率もかなり上がり、現在では完治が期待できる病気の一つになっています。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」による... 続きを読む

耳鳴りはなぜ起こるのか? 難聴が原因の可能性も|症状や治療法

耳鳴りに悩む方は少なくありません。周りで何も音がしていないのに耳の奥のほうでたびたび音が聞こえてくると、気になって仕事に集中できなかったり眠れなかったりと、日常生活にも影響が及ぶこともあります。
耳鳴りには、聴診器などでほかの人も聞く... 続きを読む

鼻血の止め方-よく鼻血が出る原因|まれに重大な病気の可能性も

誰でも一度は鼻血を経験したことがあるでしょう。しかし、頻繁に出血したりなかなか血が止まらない場合は心配なものです。何か病気が原因で鼻血が出ることもあるので、どういうときにどれくらいの量が出るのか、出血が止まりにくいかどうかなどについて、チ... 続きを読む

わたしは入れる?甲状性疾患の場合

バセドウ病の治療期間と治療費
バセドウ病は投薬治療を中心に行い、状態に合わせてアイソトープ治療や手術が行われます。治療は健康保険の対象となり、投薬治療であればそれほど高額になることはないでしょう。しかしアイソトープ治療や手術を行う場合は... 続きを読む