モルヒネ塩酸塩注射液の効能・用量・副作用など

モルヒネ塩酸塩注射液の基本情報

痛みを抑えるオピオイド受容体と結びつくことにより,強力な鎮痛作用を発揮します。モルヒネ製剤のがん疼痛における使用法としては,経口投与または坐薬での直腸内投与が不可能なときに,初めて注射薬を用います。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 がんに使われるその他の薬剤>モルヒネ塩酸塩>モルヒネ塩酸塩
形状 注射用剤
製造販売会社 塩野義
保険薬価 注射用剤1%1mL 1管 299.00円
注射用剤1%5mL 1管 1,346.00円
注射用剤4%5mL 1管 4,973.00円
同じ分類の薬 先発薬: アンペック注  塩酸モルヒネ注射液  モルヒネ塩酸塩注射液    ジェネリック薬: プレペノン注シリンジ 

モルヒネ塩酸塩注射液の効果・効能

激しい疼痛時の鎮痛・鎮静/激しい下痢症状の改善および手術後などの腸管ぜん動運動の抑制/激しいせきの発作の鎮咳(ちんがい)/麻酔前投薬,麻酔の補助/中等度から高度の疼痛を伴う各種がんの鎮痛

モルヒネ塩酸塩注射液の使用上の注意と副作用

警告

 本剤の硬膜外・くも膜下への投与は,これらの投与法に習熟した医師のみによって,投与が適切と判断される人についてのみ実施されなければなりません。

基本的注意

*モルヒネ塩酸塩(アンペック注)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……重い呼吸抑制/気管支ぜんそく発作中/重い肝機能障害/慢性肺疾患に続発する心不全/けいれん状態(てんかん重積症,破傷風,ストリキニーネ中毒)/急性アルコール中毒/本剤の成分またはアヘンアルカロイドに対するアレルギー/出血性大腸炎
[硬膜外投与・くも膜下投与の場合]注射部位またはその周辺に炎症のある人/敗血症
[くも膜下投与の場合]中枢神経系疾患(髄膜炎,灰白脊髄炎,脊髄癆(ろう)など)/脊髄・脊椎に結核・脊椎炎・転移性腫瘍などの活動性疾患がある人
(2)特に慎重に服用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……細菌性下痢のある人
(3)慎重に使用すべき場合……心機能障害/呼吸機能障害/肝機能障害/腎機能障害/脳の器質的障害/ショック状態/代謝性アシドーシス/甲状腺機能低下症(粘液水腫など)/副腎皮質機能低下症(アジソン病など)/薬物依存の前歴/前立腺肥大による排尿障害,尿道狭窄,尿路手術後/器質的幽門狭窄,麻痺性イレウス(腸閉塞)/けいれんの前歴/胆のう障害,胆石/重い炎症性腸疾患/ジドブジン(アジドチミジン)の服用中/衰弱者/新生児,乳児,高齢者
[硬膜外投与・くも膜下投与の場合]血液凝固障害または抗凝血薬の使用中/脊柱に著明な変形のある人
[硬膜外投与の場合]中枢神経系疾患(髄膜炎,灰白脊髄炎,脊髄癆など)/脊髄・脊椎に結核,脊椎炎および転移性腫瘍などの活動性疾患のある人
(4)適切な使用・管理・返却……(1)本剤を目的以外へ使用したり,他人へ譲渡したりしないでください。(2)本剤は子どもの手の届かないところに保管してください。(3)本剤が不要になった場合は病院・薬局へ返納してください。
(5)依存性……本剤の連用により薬物依存が生じることがあるので,処方医の指示を守って使用してください。
(6)離脱症状……連用中に使用量を急激に減少または中止すると,あくび,くしゃみ,流涙,発汗,悪心・嘔吐,下痢,腹痛,散瞳,頭痛,不眠,不安,せん妄,ふるえ,全身の筋肉・関節痛,呼吸促迫などの離脱症状が現れることがあります。自己判断で,減量や中止をしないでください。
(7)分娩前・分娩時……本剤を分娩前に使用すると出産後,新生児に退薬症候(多動,神経過敏,不眠,ふるえなど)が現れることがあります。分娩時に使用すると,新生児に呼吸抑制が現れることがあります。
(8)危険作業は中止……本剤を使用すると,眠け,めまいなどが現れるおそれがあります。本剤の使用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(9)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性:使用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)(連用により)薬物依存。(2)呼吸抑制(息切れ,不規則な呼吸など)。(3)錯乱,せん妄。(4)無気肺,気管支けいれん,のどのむくみ。(5)麻痺性イレウス(腸閉塞),中毒性巨大結腸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

モルヒネ塩酸塩注射液 - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)

モルヒネ塩酸塩注射液が気になる人向けのコラム

がん治療にかかる費用ってどのくらい?

がん治療も公的医療保険の範囲内
がんの治療においても、その多くが公的医療保険の適用範囲内で、自己負担額を大きく減らすことができます。しかし、一部の先進医療については公的医療保険の適用外となっており、その医療法を選択した場合には多額の自己... 続きを読む

長引く咳に要注意!あなたも咳ぜんそくかも

こんな時は咳ぜんそくを疑ってみよう

ぜんそくというと子どもに多いと思われるかもしれませんが、実は大人のぜんそく患者が増えています。
大人のぜんそくが増えている(1) - goo ヘルスケア

風邪が治った後も1カ月以上頑固な... 続きを読む

ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク

外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?杖をついていたり、車椅子に乗っているなど、障害が見た目に明らかであれば、電車などで席を譲ってもらうなどの配慮を受けやすいのですが、障害が目に見えにくいために人知れず困って... 続きを読む

長引く咳に注意!マイコプラズマ肺炎かも

マイコプラズマ肺炎とは

マイコプラズマ肺炎は若い人に多くみられ、痰(たん)のない乾いた激しいせきが長引くが、重症化することは少ない。
マイコプラズマ - goo ヘルスケア

風邪だと思っていても、咳がなかなか止まらないときマ... 続きを読む

お腹が痛い!どこがどんな風に痛い? 痛む場所から疑われる病気をイラストで解説

「腹痛」といっても、痛みの種類や痛む場所によって原因はさまざま。ときには、その腹痛が病気の前兆の場合もあります。腹痛で疑われる病気をまとめてご紹介します。 腹痛から原因の病気が特定できる 腹部は、体の中心で重要な臓器が集まっている場所... 続きを読む