小半夏加茯苓湯の効能・用量・副作用など

小半夏加茯苓湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 漢21>小半夏加茯苓湯>小半夏加茯苓湯
形状 細粒剤
製造販売会社 小太郎
保険薬価 細粒剤   1g 13.20円
同じ分類の薬 先発薬: 小半夏加茯苓湯   

小半夏加茯苓湯の効果・効能

●体力中等度で胃部に水分停滞感がある人の次の諸症→つわり,嘔吐症

小半夏加茯苓湯の使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)妊婦での安全性は未確立です。有益と判断されたときのみ服用します。

副作用の注意
重大な副作用

特に副作用はありませんが,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

小半夏加茯苓湯が気になる人向けのコラム

水分豊富なゆでなすで夏バテ防止ダイエット

なす
なすは95%が水分と、とても水分が豊富な野菜です。
特徴として「体を冷やす」という効果があります。
夏に何も食べずに水分をがぶがぶ摂るよりも、なすレシピで賢く水分を摂りながらダイエットが賢い方法です。
なすは油を吸ってしまい... 続きを読む

水分は1日にどれくらい摂るの? 間違った水分補給は体調不良に

たくさん汗をかいたあとに水を飲むと、生き返ったような気がしませんか?
人は水がないと3日と生きていられない、と言われるくらい大切な水。最近は、ダイエットやデトックスなどを目的に「とにかく水をたくさん飲むのがよい」という話をよく耳にしますが... 続きを読む

スポーツ時の熱中症に注意! こまめに水分をとって熱中症対策

以前は、運動している最中に水分をとると疲れるなどと言われましたが、今では、むしろスポーツ中も積極的に水分をとることをすすめられるようになっています。
特にこれからの暑い季節、スポーツ中の脱水症状から熱中症を起こして倒れるケースが多くみ... 続きを読む

子どもと高齢者の脱水に気をつけて-水分の摂り方と脱水のサイン

今年は早くも5月のうちに熱中症発症のニュースが流れましたが、多くなるのはやはりこれから、猛暑が続く7月以降です。
熱中症の主な原因は、高温の環境で大量に発汗することによる脱水症です。暑いと汗をたくさんかきますが、それは汗が蒸発するとき... 続きを読む

冬に多い脳出血、夏に多い脳梗塞-水分摂取で脱水を防ごう

脳卒中というと冬場に多いというイメージがありますが、実は夏場に増えるタイプの脳卒中もあります。それは「脳梗塞」で、日本ではこの脳梗塞が脳卒中全体の約8割を占めています。
脳卒中は、脳の血管が破れて出血する「脳出血」、脳の血管が詰まって... 続きを読む