人参湯の効能・用量・副作用など

人参湯の基本情報

ツムラ人参湯エキス顆粒

ツムラ人参湯エキス顆粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 漢32>人参湯,附子理中湯>人参湯
形状 顆粒剤
製造販売会社 ツムラ
保険薬価 顆粒剤   1g 15.00円
同じ分類の薬 先発薬: 人参湯  附子理中湯   

人参湯の効果・効能

●体質虚弱,胃腸虚弱で,貧血,冷え症,尿量が多く,軟便・下痢の傾向がある人の次の諸症→胃炎,胃腸カタル,胃アトニー症,貧血症,慢性下痢,つわりなど

人参湯の使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)次の人は服用してはいけません(禁忌)。本剤が甘草を配合しているため,症状が悪化するおそれがあります。(1)アルドステロン症の人,(2)ミオパシーのある人,(3)低カリウム血症のある人
(2)体力が充実している人は,ふつう服用しません。
(3)[附子理中湯]妊婦または妊娠している可能性のある人は,服用しないことが望ましいです(副作用が現れやすい)。
(4)[人参湯]妊婦での安全性は未確立です。有益と判断されたときのみ服用します。
(5)[附子理中湯](1)しびれ感や麻痺,悪心・嘔吐,心悸亢進,顔面蒼白などがおこったら,すぐに処方医に連絡します。(2)暑がりで,のぼせが強く,赤ら顔の人は慎重に服用します。

副作用の注意
重大な副作用

(1)体液の貯留,むくみ,体重増加,血圧上昇などの偽アルドステロン症(甘草配合のため)。(2)脱力感,手足のけいれんや麻痺などを初発症状とするミオパシー(低カリウム血症の結果。甘草配合のため)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

人参湯が気になる人向けのコラム

子宮筋腫になりやすい人とは 遺伝や体質や生活習慣によって違うの?

がんになりやすい体質を表す「がん家系」という言葉があるように、子宮筋腫になりやすい体質もあるのでしょうか? 子宮筋腫になりやすい体質はありません 母親が子宮筋腫に悩んでいたから、将来自分もそうなるはず……。と心配している人が多くいま... 続きを読む

おへそを温めて便秘を改善‐おへそのツボで体質が変わる?

へそのツボを温めると腸のパワーが高まり病気知らずになれる? へそ穴の真ん中にあるツボは、温めて刺激することで大腸や小腸の働きを高め、便秘や下痢の改善効果が期待できます。 大腸や小腸の働きを高める、へそのツボ 体の中心にあるおへそ。お母... 続きを読む

産んだらなんとか…なりません! 知ってる人からはじめている産後を乗り切る準備とは

妊娠・出産は人生の大きな節目。だからこそ、多くの女性は準備を怠りません。「妊活」から始まり、懐妊後は呼吸法など出産に向けて勉強が続きます。しかし、産後のことはどうでしょう。赤ちゃんではなく、自分に対する産後支度。「とりあえず、産んだら何... 続きを読む

遺伝子で分かる将来の病気リスク検査は現代ではあてにならない?

最近、健康な人向けの遺伝子検査サービスがインターネット通販などで簡単に購入できるようになっています。その多くは、がんや生活習慣病などの病気のかかりやすさ、太りやすさなどの遺伝的体質を調べ、病気予防やダイエットなどに役立てようというもの。 ... 続きを読む

韓国で見た『韓方(ハンバン)』の世界~体と心を診断する「四象体質」

梅雨に入り、じめじめとした天候が続きますが、体調はいかがですか?私は体に老廃物が溜まると、韓医学(韓方)でいう「水毒」に傾きがちな体質らしく、この季節は体がむくみがちになります。天気が悪くなると、頭痛がしたり、肩こりがひどくなることもありま... 続きを読む