アルペンこどもかぜ薬K細粒の効能・用量・副作用など

アルペンこどもかぜ薬K細粒の基本情報

アルペンこどもかぜ薬K細粒

アルペンこどもかぜ薬K細粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 かぜ薬(内用)
形状 散剤
製造販売会社 ライオン
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

アルペンこどもかぜ薬K細粒の特徴

■1包がぴったり1回分
薬を小分けして飲ませるわずらわしさがありません。
■飲みやすい細粒
口の中でスッと溶ける,いちご味の細粒です。
お薬が嫌いなお子さまも嫌がらずに飲んでくれます。
■ビタミンCを配合
発熱などで失われるビタミンC(アスコルビン酸)を補給します。

アルペンこどもかぜ薬K細粒の効能効果

かぜの諸症状(せき,鼻水,鼻づまり,のどの痛み,くしゃみ,たん,悪寒,発熱,頭痛,関節の痛み,筋肉の痛み)の緩和

アルペンこどもかぜ薬K細粒の用法用量

次の1回量を1日3回,食後なるべく30分以内に服用します。
[年齢:1回量]
3才以上7才未満(3?6才):1包
3才未満(0?2才):服用させないこと
(用法関連注意)
1.小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
2.用法・用量を厳守してください。

アルペンこどもかぜ薬K細粒の成分分量

3包(2.4g)中
アセトアミノフェン 300mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 2.5mg
ジヒドロコデインリン酸塩 8mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 20mg
アスコルビン酸 150mg
(添加物)
キシリトール,白糖,トウモロコシデンプン,アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物),無水ケイ酸,カルミン,乳糖,香料,バニリン

アルペンこどもかぜ薬K細粒の使用上の注意と副作用

本剤は小児用ですが,かぜ薬として定められた一般的な注意事項を記載しています。
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないでください
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)本剤又は他のかぜ薬,解熱鎮痛薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないでください
他のかぜ薬,解熱鎮痛薬,鎮静薬,鎮咳去痰薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬等)
3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気等があらわれることがあります。)
4.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
5.服用前後は飲酒しないでください
6.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
高熱,排尿困難
(6)次の診断を受けた人。
甲状腺機能障害,糖尿病,心臓病,高血圧,肝臓病,腎臓病,胃・十二指腸潰瘍,緑内障
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
泌尿器:排尿困難
その他:過度の体温低下
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤,赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る,全身がだるい,食欲がない等が持続したり,急激に悪化する。
中毒性表皮壊死融解症:高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤,赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る,全身がだるい,食欲がない等が持続したり,急激に悪化する。
急性汎発性発疹性膿疱症:高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤,赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る,全身がだるい,食欲がない等が持続したり,急激に悪化する。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
腎障害:発熱,発疹,尿量の減少,全身のむくみ,全身のだるさ,関節痛(節々が痛む),下痢等があらわれる。
間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等がみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする。
ぜんそく:息をするときゼーゼー,ヒューヒューと鳴る,息苦しい等があらわれる。
再生不良性貧血:青あざ,鼻血,歯ぐきの出血,発熱,皮膚や粘膜が青白くみえる,疲労感,動悸,息切れ,気分が悪くなりくらっとする,血尿等があらわれる。
無顆粒球症:突然の高熱,さむけ,のどの痛み等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
便秘,口のかわき,眠気
4.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

アルペンこどもかぜ薬K細粒の保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
4.使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

アルペンこどもかぜ薬K細粒が気になる人向けのコラム

【鼻づまり】はペットボトルと寝相で解消!

くしゃみや鼻水もつらいけれど、花粉でツラいのは「鼻づまり」という方も多いことでしょう。鼻づまりは花粉症などで鼻の穴の表面粘膜が炎症を起こして腫れ、空気が通れなくなることで起こります。 鼻づまりになると、頭がボーッとするだけでなく、鼻で... 続きを読む

LAのヘルシーフードは今、黒が大流行中!

黒豆、黒ゴマ、玄米など、黒い食べ物は色の薄い食べ物よりも栄養価が高く、健康な体の維持に欠かせない食材として日本では昔から言われています。それがなんとアメリカのロサンゼルスでも、いま「黒い食べ物」がヘルシー志向の人々に注目されているのです... 続きを読む

みかんの健康効果とは-ビタミンCだけではないみかんの抗酸化作用

「こたつでみかん」は、日本の冬の団らんの原風景みたいなもの。生活様式が洋風化されても、暖房の効いた部屋でみかんを楽しむ光景は日本中どこでも見ることができるでしょう。
冬のみかんとは、すなわち「温州(うんしゅう)みかん」のこと。おいしい... 続きを読む

美肌をつくるコラーゲン-ビタミンCと一緒に摂ると効果的な理由

コラーゲンといえば美肌!?
コラーゲンを主成分に「お肌のハリを保ちしわを防ぐ」とうたった化粧品や健康食品が数多く市販されていますから、みなさんよくご存じですね。でも、その効果は美肌づくりだけではなく、骨や目の老化も防ぐことを知っていました... 続きを読む

オシャレなだけじゃない。不調に効く「アロマオイル」の使い方

リラックスが主体のイギリス式、治療に用いるフランス式 「以前はアロマセラピーを“気休め”程度と考えていましたが、今では健康を保つのに欠かせない“万能薬”になっています」と言うのは、編集者であり、『すべてアロマで解決しました!』(講談社... 続きを読む