ヒヤこども総合かぜ薬の効能・用量・副作用など

ヒヤこども総合かぜ薬の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 かぜ薬(内用)
形状 散剤
製造販売会社 樋屋製薬
販売会社 樋屋奇応丸
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ヒヤこども総合かぜ薬の特徴

ヒヤこども総合かぜ薬は,お子さまがかぜをひいた時の諸症状にすぐれた効果をあらわすよう,漢方処方の葛根湯エキスと解熱鎮痛薬,鎮咳去たん薬,抗ヒスタミン剤などを配合して,お子さまむけのチョコレート風味の顆粒剤としたものです。
ヒヤこども総合かぜ薬は,かぜの症状をおさえる西洋薬と,身体の調子を整えかぜの初期症状に効果をあらわす漢方処方(葛根湯)をバランスよく配合したかぜ薬です。
成分とその作用,効能をまとめますと次表のようになります。
お子さまのかぜはこじらせるとよくありませんので,早めの手当てが必要です。また,いつもより水分が失われますので,適切な水分の補給を心がけ,部屋の乾燥や,汗ばんだ下着は取りかえるなどの環境面にも気をつけてあげましょう。
成分:アセトアミノフェン
作用:熱を下げ,痛みをしずめます。
効能・効果:悪寒,発熱,のどの痛み,頭痛,関節の痛み,筋肉の痛み
成分:チペピジンヒベンズ酸塩
作用:せきをしずめ,たんをきる去たん作用があります。
効能・効果:せき,たん
成分:クロルフェニラミンマレイン酸塩
作用:鼻みず,くしゃみなどのアレルギー症状をおさえます。
効能・効果:鼻みず,鼻づまり,くしゃみ
成分:安息香酸ナトリウムカフェイン
作用:頭痛をやわらげます。
効能・効果:頭痛
成分:葛根湯エキス
作用:発汗作用があり,解熱や痛みを緩和する作用もあり,葛根湯のみでもかぜの初期によく用いられます。
効能・効果:悪寒,発熱,頭痛,筋肉の痛み,関節の痛み

ヒヤこども総合かぜ薬の効能効果

かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、くしゃみ、せき、たん、のどの痛み、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

ヒヤこども総合かぜ薬の用法用量

1日3回、食後なるべく30分以内に服用してください。
1回量
14?7才2包、6?3才1包、2?1才3/4包
(用法関連注意)
(1)保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)定められた用法・用量をお守りください。

ヒヤこども総合かぜ薬の成分分量

6包(4.8g)中
アセトアミノフェン 300mg
チペピジンヒベンズ酸塩 37.5mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 3.75mg
安息香酸ナトリウムカフェイン 100mg
葛根湯エキス 1000mg (カッコン1.333g,マオウ・タイソウ各0.667g,ケイヒ・シャクヤク各0.5g,カンゾウ0.333g,ショウキョウ0.167g)
(添加物)
白糖、乳糖、ステアリン酸マグネシウム、メタケイ酸アルミン酸Mg、香料、エチルバニリン、バニリン、プロピレングリコール

ヒヤこども総合かぜ薬の使用上の注意と副作用

本剤は小児用ですが,かぜ薬として定められた一般的な注意事項を記載しています。
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.次の人は服用しないでください。
(1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)本剤または他のかぜ薬,解熱鎮痛薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください。
他のかぜ薬,解熱鎮痛薬,鎮静薬,鎮咳去たん薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬)
3.服用後,乗物または機械類の運転操作をしないでください。
(眠気があらわれることがあります。)
4.服用時は飲酒しないでください。
5.長期連用しないでください。

ヒヤこども総合かぜ薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないでください。
(4)使用期限をすぎた製品は服用しないでください。

ヒヤこども総合かぜ薬が気になる人向けのコラム

短い時間で楽々!筋肉緊張ダイエット

筋肉緊張
自分が痩せたいと思っている体の筋肉に力を入れる、これが筋肉緊張ダイエットです。脂肪を燃焼させることから常態変換法ダイエットととも呼ばれたりすることがあります。手順は至ってシンプルです。胸の筋肉の引き締めを行う場合は、胸を張り、... 続きを読む

【鼻づまり】はペットボトルと寝相で解消!

くしゃみや鼻水もつらいけれど、花粉でツラいのは「鼻づまり」という方も多いことでしょう。鼻づまりは花粉症などで鼻の穴の表面粘膜が炎症を起こして腫れ、空気が通れなくなることで起こります。 鼻づまりになると、頭がボーッとするだけでなく、鼻で... 続きを読む

温泉は海・山・森と効能が違う-体調にあわせた温泉の選び方

疲労回復や身心のリラックスを兼ねて、週末に、温泉旅行を計画している方も多いことでしょう。温泉につかるとリフレッシュできて、より健康になった気がしますね。これは、温泉がもつ4つの効能、「温熱」「水圧」「浮力」「含有成分」によるものです。 ... 続きを読む

烏骨鶏

中国や東南アジア原産の鶏の一種ですが、骨が烏(からす)のように黒い(正確には、黒に近い紫色)ことから、「烏骨鶏」という字が当てられました。 「実は骨だけでなく、皮膚も肉も内臓も黒いのです。そのような鶏は(鳥、動物も含めて)、烏骨鶏だけです... 続きを読む

「お香」で心も体もリラックス-日本のお香が体にいい理由

白檀(びゃくだん)のお線香のにおいや新しい畳のにおいをかいだとき、小さいころ行った田舎のおばあちゃんの家を思い出したり、香水のにおいから大好きだった人のことを思い出したり、香りによって懐かしいできごとや人の記憶がよみがえることはありません... 続きを読む