後藤散かぜ薬顆粒の効能・用量・副作用など

後藤散かぜ薬顆粒の特徴

後藤散かぜ薬顆粒

後藤散かぜ薬顆粒

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 かぜ薬(内用)
形状 散剤 
製造会社 うすき製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 --
同じ分類の薬 「小児用」ベナール液   「小児用」感冒薬ハイリココデ液   「小児用」感冒薬リココデS液   DHC 総合かぜ薬   JAクミアイ総合感冒カプセル  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



後藤散かぜ薬顆粒の効能・効果

かぜの諸症状(発熱,頭痛,悪寒,くしゃみ,鼻水,鼻づまり,せき,たん,のどの痛み,関節の痛み,筋肉の痛み)の緩和

後藤散かぜ薬顆粒の用法・用量

15才以上1回1包1日3回食後なるべく30分以内
15才未満は服用しない
(用法関連注意)

後藤散かぜ薬顆粒の成分・分量

1包(1.3g)中
アスピリン 450mg
マレイン酸クロルフェニラミン 2.5mg
dl-塩酸メチルエフェドリン 10mg
ノスカピン 10mg
無水カフェイン 50mg
(添加物)
ケイヒ末,カンゾウ末,精製白糖,ヒドロキシプロピルセルロース,タルク,トウモロコシデンプン,炭酸マグネシウム,アルミニウムグリシネート

後藤散かぜ薬顆粒の使用上の注意と副作用

後藤散かぜ薬顆粒の保管上の注意