JPS熱さましの効能・用量・副作用など

JPS熱さましの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 解熱鎮痛薬
形状 散剤
製造販売会社 ジェーピーエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

JPS熱さましの特徴

JPS熱さましは生薬のみよりなる製剤です。地竜は古くから民間の熱さましとして用いられていました。主成分の地竜エキス散-Nは地竜の有効成分を抽出、濃縮、乾燥したエキス剤です。
本剤は地竜特有の味や臭いをやわらげ、飲みやすい顆粒剤として分包したものです。
感冒時の解熱にすぐれた効果をあらわします。

JPS熱さましの効能効果

感冒時の解熱

JPS熱さましの用法用量

次の量を水又はお湯にて服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):1包:3回
11才以上15才未満:2/3包:3回
8才以上11才未満:1/2包:3回
5才以上8才未満:1/3包:3回
3才以上5才未満:1/4包:3回
3才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

JPS熱さましの成分分量

3包(3g)中
地竜エキス散-N 1.5g (地竜3g)
(添加物)
バレイショデンプン,カルメロース(CMC),ヒドロキシプロピルセルロース,ケイヒ油,D-マンニトール,デキストリン,乳糖水和物

JPS熱さましの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください
他の解熱鎮痛薬、かぜ薬、鎮静薬
3.服用前後は飲酒しないでください
4.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振
精神神経系:めまい
3.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

JPS熱さましの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)本剤は吸湿しやすいので、1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返してテープ等で封をし、なるべく1日以内に服用してください。(開封状態で置いておくと顆粒が変色することがあります。変色した場合は、服用しないでください。)
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

JPS熱さましが気になる人向けのコラム

公的保険に入っていれば十分じゃないの?

公的保険と民間の保険の関係とは
公的保険には、大きく分けて医療保険、介護保険、年金保険、労働保険の4つがあります。病気やケガ、死亡、介護、失業、老齢などになった場合、最低限の保障を受けられるように全ての国民が加入しています。保障内容は収... 続きを読む

ビフィズス菌BB536

ビフィズス菌とは、人や動物の腸内に多く棲む腸内細菌の一種。糖を分解して、酢酸や乳酸を作り出す働きがあります。
乳酸菌の一種と間違われがちですが、実は別の腸内細菌です。乳酸菌は腸内でビフィズス菌と比べて圧倒的に数が少なく、働き方も違うので... 続きを読む

不妊治療費ってどのくらいかかるものなの?

不妊治療の種類
一言に「不妊治療」といっても、その種類は多いのです。主に「タイミング治療」「人工授精」「体外受精」「顕微受精」などが挙げられますが、それぞれの治療法にも詳しい手法によって医療費は大きく異なります。特に医療費がかかるのが「... 続きを読む

団体信用生命保険にも特約がつけられます

要介護状態になった時の初期費用はかなりの負担
要介護状態になると公的介護保険の範囲外で必要な老後の費用は初期費用が308万円、月々の費用が18万円という調査結果があります。初期費用はバリアフリーリフォームや、電動車いすや介護用ベッドなど... 続きを読む

公的医療保険で保障されない費用は?

先進医療の自己負担分
「先進医療」とは、厚生労働大臣が承認した医療行為で、高度な医療技術を用いた100種類以上の医療行為のことを言います。公的医療保険においては、先進医療の技術料が保障の対象外となっているため、全額が自己負担となります。... 続きを読む