さとう鎮痛錠の効能・用量・副作用など

さとう鎮痛錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 解熱鎮痛薬
形状 錠剤
製造販売会社 佐藤薬品工業
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

さとう鎮痛錠の特徴

痛みは,前ぶれもなく突然に起こってきます。頭痛・歯痛・生理痛・神経痛等,痛みはとてもつらいものです。
さとう鎮痛錠は鎮痛作用を有するアセトアミノフェン,エテンザミドと緩和な催眠鎮静作用を有するアリルイソプロピルアセチル尿素及び気分を爽快にする無水カフェインをバランスよく配合し,痛みに効果があります。また,解熱作用を併せもつアセトアミノフェンとエテンザミドの作用で解熱にも効果があります。

さとう鎮痛錠の効能効果

頭痛・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・月経痛(生理痛)・外傷痛の鎮痛
悪寒・発熱時の解熱

さとう鎮痛錠の用法用量

次の量をなるべく空腹時をさけて服用してください。服用間隔は6時間以上おいてください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):3錠:2回を限度とする
11歳?14歳:2錠:2回を限度とする
7歳?10歳:1・1/2錠:2回を限度とする
5歳?6歳:1錠:2回を限度とする
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

さとう鎮痛錠の成分分量

3錠中
アセトアミノフェン 225mg
エテンザミド 500mg
アリルイソプロピルアセチル尿素 60mg
無水カフェイン 120mg
(添加物)
乳糖,ヒドロキシプロピルセルロース,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),セルロース,ステアリン酸マグネシウム

さとう鎮痛錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)本剤又は他の解熱鎮痛薬,かぜ薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください
他の解熱鎮痛薬,かぜ薬,鎮静薬,乗物酔い薬
3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気等があらわれることがあります。)
4.服用前後は飲酒しないでください
5.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)授乳中の人。
(4)水痘(水ぼうそう)若しくはインフルエンザにかかっている又はその疑いのある乳・幼・小児(15歳未満)。
(5)高齢者。
(6)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(7)次の診断を受けた人。
心臓病,腎臓病,肝臓病,胃・十二指腸潰瘍
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
その他:過度の体温低下
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤,赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る,全身がだるい,食欲がない等が持続したり,急激に悪化する。
中毒性表皮壊死融解症:高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤,赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る,全身がだるい,食欲がない等が持続したり,急激に悪化する。
急性汎発性発疹性膿疱症:高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤,赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る,全身がだるい,食欲がない等が持続したり,急激に悪化する。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
腎障害:発熱,発疹,尿量の減少,全身のむくみ,全身のだるさ,関節痛(節々が痛む),下痢等があらわれる。
間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等がみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする。
ぜんそく:息をするときゼーゼー,ヒューヒューと鳴る,息苦しい等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
眠気
4.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

さとう鎮痛錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(4)配置期限を過ぎた製品は服用しないでください。

さとう鎮痛錠が気になる人向けのコラム

腰や脚の痛みは坐骨神経痛かも? 原因となる病気4つの症状

「腰が痛いな」と思っていたら、太ももの後ろ側からふくらはぎ、足に鋭い痛みが生じてきた――中高年以降、このような異変「坐骨神経痛」に見舞われる方が増えています。ところで、坐骨神経痛とは、一体どんなものなのでしょう。
坐骨神経は、下肢の筋... 続きを読む

呼吸するだけダイエットとは

呼吸するだけ
呼吸するだけダイエットとは、上を向いて深呼吸するだけの簡単なダイエットです。医学博士で、さとう内科・青山クリニック院長の佐藤万成氏が提唱したダイエットです。ダイエット外来で肥満症の指導に取り組む中、深呼吸するだけで、ダイエ... 続きを読む

背伸びするだけダイエットとは

背伸びするだけ
背伸びするだけダイエットとは、背伸びをするだけの簡単なダイエットです。医学博士で、さとう内科・青山クリニック院長の佐藤万成氏が提唱したダイエットです。ダイエット外来で肥満症の指導に取り組む中、背伸びするだけで、体脂肪を減... 続きを読む

手軽にできる生理痛の改善方法を教えて!

即実践!手と足のツボ押し
ツボを押すことで、生理中の不快な症状をやわらげてくれます。ここでは、簡単にできるツボをご紹介します。


頭や手足のツボは心身のバランスを整え、さまざまな心身の不調に効く
簡単ツボマッサージ24
月経ト... 続きを読む

突然、耳が聞こえにくくなった! 突発性難聴発症後の対策とは

突発性難聴とは

突然耳の聞こえが悪くなる病気で、片方の耳だけに発症することが多い。難聴の程度は軽いものから重いものまでさまざまで、耳鳴りやめまい、吐き気、嘔吐(おうと)を伴う場合もある。原因は不明とされるが、内耳の血流障害やウイルス... 続きを読む