トチモトのボウイPの効能・用量・副作用など

トチモトのボウイPの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 解熱鎮痛薬
形状 その他
製造販売会社 栃本天海堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

トチモトのボウイPの特徴

本品はオオツヅラフジ Sinomenium acutum Rehder et Wilson(Menispermaceae)のつる性の茎及び根茎である。

トチモトのボウイPの効能効果

次の症状の緩和:筋肉痛、神経痛、関節痛

トチモトのボウイPの用法用量

大人(15歳以上)は1日量10gを、水約600mLをもって煮て約400mLに煮つめ、滓をこして取り去り、食前または食間3回に分服してください。
(用法関連注意)
定められた用法・用量を守り、正しくお使いください。

トチモトのボウイPの成分分量

1日量(10g)中
ボウイ 10g
(添加物)
なし

トチモトのボウイPの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1) 医師の治療を受けている人。
(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3) 今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

トチモトのボウイPの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)煎液は腐敗を防ぐために冷所に保管してください。

トチモトのボウイPが気になる人向けのコラム

甘草グラブラポリフェノール

ヨーロッパでは「リコリス」として4 千年以上も昔からなじみのあるマメ科の植物、「甘草グラブラ種」。お菓子やお酒にもよく使われており、その根茎に多く含まれている成分を抽出したのが「甘草グラブラポリフェノール」です。最近、ダイエット系サプリの... 続きを読む

夏に向けて“緑のカーテン”を育てよう-ゴーヤの育て方

地球温暖化のせいでしょうか、夏の暑さが年々強くなるような気がしていませんか?
そんなことから、日当たりの良い南側や西日の当たる西側の窓とかベランダに、夏の間の日ざしをさえぎるため、つる性の植物をはわせる“緑のカーテン”づくりが関心を集めて... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む

季節の変わり目に体調が悪くなるのは自律神経が原因? 解消する食事法

自律神経とは体の機能を自動的にコントロールする神経です。この自律神経の状態が四季によって変化し体調を崩すことがあります。季節ごとに自律神経に合わせた食事を摂り、体を整え美しくなる方法をご紹介します。 四季による体調変化には自律神経が関... 続きを読む