ラニコール顆粒Sの効能・用量・副作用など

ラニコール顆粒Sの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 解熱鎮痛薬
形状 散剤
製造販売会社 松本製薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ラニコール顆粒Sの特徴

ラニコール顆粒Sは,痛みをおさえ,熱を下げる作用のある非ピリン系の成分アセトアミノフェン,エテンザミドと,鎮痛成分のはたらきを助けるカフェイン,そして気を鎮めて解熱効果を高めるアリルイソプロピルアセチル尿素を配合した,すぐれた組成の鎮静解熱剤です。
またアルカマック(ヒドロタルサイト)が胃の粘膜を保護し,胃が荒れるのを防ぎます。

ラニコール顆粒Sの効能効果

頭痛・歯痛・抜歯後の疼痛・咽のど痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・捻挫痛・月経痛(生理痛)・外傷痛の鎮痛,悪寒・発熱時の解熱

ラニコール顆粒Sの用法用量

次の量を1日3回を限度とし,なるべく空腹時をさけて,水又はお湯と一緒に服用してください。
服用間隔は4時間以上おいてください。
[年齢:1回量]
大人(15歳以上):1包
11歳以上15歳未満:2/3包
7歳以上11歳未満:1/2包
3歳以上7歳未満:1/3包
3歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)定められた用法・用量を厳守してください。

ラニコール顆粒Sの成分分量

3包(3.3g)中
アセトアミノフェン 850mg
エテンザミド 850mg
アリルイソプロピルアセチル尿素 150mg
カフェイン 150mg
(添加物)
乳糖,ヒドロタルサイト,バレイショデンプン,サッカリンナトリウム,ヒドロキシプロピルセルロース,香料,青色1号

ラニコール顆粒Sの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください。
(1)本剤による過敏症状(発疹・発赤,かゆみ,浮腫等)を起こしたことがある人。
(2)本剤又は他の解熱鎮痛剤,かぜ薬を服用してぜんそくを起したことがある人。
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください。
他の解熱鎮痛剤,かぜ薬,鎮静薬,乗物酔い薬
3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
(眠気があらわれることがあります)
4.服用時は飲酒しないでください。
5.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,歯科医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)水痘(水ぼうそう)若しくはインフルエンザにかかっている又はその疑いのある乳・幼・小児(15歳未満)。
(4)高齢者。
(5)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(6)薬によりアレルギー症状を起したことがある人。
(7)次の診断を受けた人。
心臓病,腎臓病,肝臓病,胃・十二指腸潰瘍
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師又は薬剤師に相談してください。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐにじんましん,浮腫,胸苦しさ等とともに,顔色が青白くなり,手足が冷たくなり,冷や汗,息苦しさ等があらわれます。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):高熱を伴って,発疹・発赤,火傷様の水ぶくれ等の激しい症状が,全身の皮ふ,口や目の粘膜にあらわれます。
中毒性表皮壊死症(ライエル症候群):高熱を伴って,発疹・発赤,火傷様の水ぶくれ等の激しい症状が,全身の皮ふ,口や目の粘膜にあらわれます。
肝機能障害:全身のだるさ,黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等あらわれます。
ぜんそく
(2)5?6回服用しても症状がよくならない場合

ラニコール顆粒Sの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ラニコール顆粒Sが気になる人向けのコラム

保険も適用!耳掃除は耳鼻科でした方がいい? 正しい耳掃除の仕方

耳垢が気になったとき、耳掃除はどうしていますか。耳かきや綿棒を使って耳垢を取ろうとしても、なかなか上手く取れないこともあります。「耳掃除大好き!」という人もいますが、自分でやる耳掃除にはキケンも…。 そこで、耳掃除に関する“耳より”情... 続きを読む

解熱剤が必要なのはどんな時? 飲まなくてもいい場合とは

熱が出る仕組みを知れば、あわてて解熱剤を飲む必要はなし。体が熱を発する原因や、体温が上昇・低下する仕組みを解説いたします。 熱は体の防御反応。辛くなければ解熱剤は必要ありません 熱が出た時、その症状を弱めるために使われるのが解熱剤です... 続きを読む

生理日が変えられるピル-生理痛の緩和や避妊にも、けど副作用も

生理不順や生理痛に苦しむ女性の強い味方として、使う人も増えている「低用量ピル」。生理痛がある場合は保険適用になります。低用量ピルが生理をコントロールするメカニズムや、上手な利用の仕方についてご紹介します。 低用量ピルの成分とはたらき ... 続きを読む

生理痛の原因-ひどい痛みは子宮内膜症かも?-痛みに効く14のツボ

生理時期に起きる最も多いトラブルが生理痛です。生理痛はどうして起きるのか、また、生理痛への対処法についてご紹介します。 経血を押し出すために子宮が収縮することが痛みを引き起こす 生理痛とは、腹痛だけでなく、腰や頭が痛い、吐き気がするな... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む