吉見ボウイの効能・用量・副作用など

吉見ボウイの特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 解熱鎮痛薬
形状 煎剤・浸剤 
製造会社 吉見製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC 解熱鎮痛薬   JPS熱さまし   N.Yサニー   アイユニー   アセドリン  



吉見ボウイの効能・効果

次の症状の緩和:筋肉痛,神経痛,関節痛。

吉見ボウイの用法・用量

大人(15歳以上)は1日量10gを,水約600mLをもって煮て,約400mLに煮つめ、滓をこして取り去り,食前又は食間3回に分服してください。
(用法関連注意)
◎服用に際して、定められた用法・用量を守り正しくお使いください。

吉見ボウイの成分・分量

500g
ボウイ
(添加物)
なし

吉見ボウイの使用上の注意と副作用

してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用がおこりやすい)
1. 次の人は服用しないでください。
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)本剤又は他の解熱鎮痛薬、かぜ薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。
2. 本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください。
他の解熱鎮痛薬、かぜ薬、鎮痛薬。
3. 服薬前後は飲酒しないでください。
4. 長期連用しないでください。
相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
●医師の治療を受けている人。
●妊婦又は妊娠していると思われる人。
●高齢者
●薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位、症状]
皮膚:発疹・発赤・かゆみ。
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振。
精神神経系:めまい。
まれに下記の重篤な症状が起こることがある、その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称、症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群:高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤、急激に悪化する。
ぜんそく:息をするときゼーゼー、ヒューヒューと鳴る、息苦しい等があらわれる。
3.5〜6回服用しても症状が良くならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

吉見ボウイの保管上の注意

●直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に保管してください。
●小児の手の届かない所に保管してください。
●他の容器に入れ替えないでください。
●開封後はなるべく早く使用し,長く放置しないでください。
●煎薬の場合は,腐敗防止のため煎液を冷所に保管してください。
●本品には防虫防カビのため脱酸素剤を封入しておりますが、これを本品と一緒に煎じたり、食べたりしないようにご注意ください。
●服用に際しては、説明文をよくお読みください。