山本漢方ぼういの効能・用量・副作用など

山本漢方ぼういの特徴

本品は生薬の煎じ薬,ティーバッグタイプ

山本漢方ぼうい

山本漢方ぼうい

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 解熱鎮痛薬
形状 煎剤・浸剤 
製造会社 山本漢方製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC 解熱鎮痛薬   JPS熱さまし   N.Yサニー   アイユニー   アセドリン  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



山本漢方ぼういの効能・効果

次の症状の緩和:筋肉痛,神経痛,関節痛

山本漢方ぼういの用法・用量

[年齢:1回量:服用回数]
大人(15歳以上):10gの煎液の1/3:1日3回を限度とする。
大人(15歳以上)は,1日量10g(1包)を,水約600mLをもって煮て,約400mLに煮つめ,滓(カス)を取り去り,食前又は食間3回に分服する。
(用法関連注意)
定められた用法及び用量を厳守してください。

山本漢方ぼういの成分・分量

1包(10g)中
ボウイ 10g
(添加物)
該当成分なし

山本漢方ぼういの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
医師の治療を受けている人。
2.1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

山本漢方ぼういの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。