赤本印ボウイの効能・用量・副作用など

赤本印ボウイの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 解熱鎮痛薬
形状 その他
製造販売会社 築田三樹園社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

赤本印ボウイの効能効果

次の症状の緩和に用いる:筋肉痛,神経痛,関節痛

赤本印ボウイの用法用量

大人(15歳以上)は,1日量10gを,水約600mLをもって煮て約400mLに煮つめ,かすをこして取り去り,食前又は食間3回に分服する。
※15歳未満は服用しないこと。
(用法関連注意)

赤本印ボウイの成分分量

1日量10g中日局ボウイ10g
ボウイ 10g
(添加物)
なし

赤本印ボウイの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと。
他の解熱鎮痛剤
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者
(4)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(5)薬によりアレルギー症状を起こした人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)まれに次の重篤な症状が起こることがあります。
その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
3.5?6日間位服用しても症状の改善がみられない場合は,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

赤本印ボウイの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)使用期限をすぎた製品は服用しないこと。
*ご注意 生薬には引湿性があり,保存法が悪いとカビが生えたり,虫がつくことがありますから,湿気のない風通しのよい場所に保存して下さい。

赤本印ボウイが気になる人向けのコラム

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

小豆ミルクで自律神経をととのえてやせる!

小豆ミルク
男性に比べると女性が便秘になりやすいのはれっきとした理由があります。

女性は男性に比べて1月単位で見てもホルモンバランスが常に変化しており、ホルモンバランスの影響を受けて腸の動きが鈍り、便秘になると言われているのです。... 続きを読む

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む

季節の変わり目に体調が悪くなるのは自律神経が原因? 解消する食事法

自律神経とは体の機能を自動的にコントロールする神経です。この自律神経の状態が四季によって変化し体調を崩すことがあります。季節ごとに自律神経に合わせた食事を摂り、体を整え美しくなる方法をご紹介します。 四季による体調変化には自律神経が関... 続きを読む

自律神経にもいいストレスフリーダイエット 低カロリー『豆もやし』

猛暑だった夏、たくさん汗をかいて、食欲も落ちてしまったのになぜか太ってしまった……。それは、外の暑さとエアコンの効いた室内との温度差により自律神経のバランスが崩れて、基礎代謝量が落ちてしまったことが原因かも。そんな「夏太り」に悩んでいる... 続きを読む