ホノミラビオ錠の効能・用量・副作用など

ホノミラビオ錠の特徴

◆ホノミラビオ錠は、緊張感・興奮感・いらいら感などの神経症状を鎮静させるために考え出された生薬製剤です。
◆ホノミラビオ錠中のカノコソウ・トケイソウ・ホップは高ぶった神経を鎮静させ、コウブシは緊張感・興奮感など神経症状の回復を手助けし、ニンジンは疲労倦怠感を緩和するように働きます。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 催眠鎮静薬
形状 錠剤 
製造会社 剤盛堂薬品
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 アガラン錠   アンミナイト   イララック   ウット   ウットソフト  



ホノミラビオ錠の効能・効果

緊張感・興奮感・いらいら感の鎮静、上記症状に伴う頭重・疲労倦怠感の緩和

ホノミラビオ錠の用法・用量

次の量を食後に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):2錠:3回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
用法・用量を厳守すること。

ホノミラビオ錠の成分・分量

6錠(1.2g)中
カノコソウエキス 170mg
コウブシエキス 40mg
ニンジンエキス 45mg
トケイソウエキス 100mg
ホップエキス 60mg
(添加物)
軽質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、トウモロコシデンプン、乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース

ホノミラビオ錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないこと
他の鎮静薬
2.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと
(眠気等があらわれることがある。)
3.長期連用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振
3.5~6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.他の医薬品等を併用する場合には、含有成分の重複に注意する必要があるので、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

ホノミラビオ錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。