アネロン内服液の効能・用量・副作用など

アネロン内服液の基本情報

アネロン内服液

アネロン内服液

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮うん薬(乗物酔防止薬,つわり用薬を含む)
形状 液剤
製造販売会社 同仁医薬化工
販売会社 エスエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

アネロン内服液の特徴

●アネロン内服液は,4種類の有効成分が,乗物酔いによるはきけ・めまい・頭痛といった症状の予防・緩和にすぐれた効果をあらわします。
●水がなくてもその場で服用できる,爽やかな服用感の液剤です。
●乗物酔いが起きてからでもすぐに服用すれば,乗物酔いによるはきけ・めまい・頭痛を緩和します。

アネロン内服液の効能効果

乗物酔によるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和

アネロン内服液の用法用量

乗物酔いの予防には次の1回量を乗車船30分前に服用します。なお,必要に応じて追加服用する場合には,4時間以上の間隔をおき1日3回を限度として服用してください。
[年齢:1回量]
成人(15才以上):1瓶(20mL)
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
用法・用量を厳守してください。

アネロン内服液の成分分量

1瓶(20mL)中
塩酸メクリジン 25mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 2mg
ピリドキシン塩酸塩 10mg
無水カフェイン 25mg
(添加物)
デキストリン,白糖,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール,アルコール,塩酸,安息香酸ナトリウム,l-メントール,香料

アネロン内服液の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください
他の乗物酔い薬,かぜ薬,解熱鎮痛薬,鎮静薬,鎮咳去痰薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬,アレルギー用薬)
2.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気があらわれることがあります。)
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
排尿困難
(6)次の診断を受けた人。
緑内障
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
循環器:動悸
その他:排尿困難
3.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください
口のかわき

アネロン内服液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)使用期限をすぎたものは服用しないでください。

アネロン内服液が気になる人向けのコラム

知っておきたい40代からのめまい【更年期】

誰にでもやってくる更年期と体の変化
加齢による体の変化は誰にでもやってきます。だからこそ、正しい認識のもとに、少しでも楽に、そして生き生きとした生活を送りたいものですね。


更年期とは、月経がなくなる閉経をはさんだ約10年間をい... 続きを読む

悪性のめまいを見分ける方法とその予防法

脳の血行不良からめまいが起こる
耳石器や三半規管が原因の耳からくるめまいでなく、脳の血流が悪くなり血管がつまり、めまいを起こします。耳は脳幹や小脳から情報を受け取る命令を出しています。脳に影響が出て耳が情報を受け取るバランスが保てなくな... 続きを読む

頭痛・吐き気の原因は眼精疲労が原因? 眼精疲労の解消法

長時間パソコンを使ったり、本を読んだりしているとき、頭痛が起きたことはありませんか?
それ、眼精疲労から頭痛が発生しているかもしれません。その解消法をまとめました。 眼精疲労が頭皮まで固くして頭痛に 頭痛にはたくさんの種類がありますが、... 続きを読む

めまいの3つのタイプと原因と症状-ストレスが原因のめまいも

朝起き上がろうとしたとき、くらっときたり、目の前の風景がぐるぐる回ったりすることはありませんか?
「めまい」の原因の7割は内耳の異常にありますが、脳に異常がある場合や、自律神経やホルモンの乱れなどからめまいが起こる場合もあります。
め... 続きを読む

その激しい頭痛、群発頭痛かも知れません

原因がはっきり分からない困った病気

原因はまだわかっていません。従来ヒスタミンとの関連が注目されましたが、最近は頭蓋内血管のセロトニンの受容体(厳密には5HT 1B1D受容体)に結合し、血管を収縮させる作用があるスマトリプタンの皮下... 続きを読む