トリベミン液の効能・用量・副作用など

トリベミン液の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮うん薬(乗物酔防止薬,つわり用薬を含む)
形状 液剤
製造販売会社 テイカ製薬
販売会社 杏林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

トリベミン液の特徴

●一般に乗物酔いは、動揺病又は加速度病と呼ばれ、乗物の動揺や加速度に対して、体の平衡機能を調節している内耳の迷路器官(三半規管や前庭器官)が刺激されて興奮し、正しいバランスを保てなくなって起こるといわれています。
更に、嘔吐中枢や自律神経系に興奮がひろがり、めまい・はきけ・頭痛といった症状がでてきます。
●トリベミン液は乗物酔いによるめまい・はきけ・頭痛を予防及び緩和します。

トリベミン液の効能効果

乗物酔いによるめまい・はきけ・頭痛の予防及び緩和

トリベミン液の用法用量

乗物酔いの予防には乗車船30分前に1回1瓶(30mL)を服用してください。
[年齢:1回服用量]
大人(15歳以上):1瓶(30mL)
15歳未満:服用しないでください
なお、必要に応じて追加服用する場合には、1回1瓶を4時間以上の間隔をおいて服用してください。
1日の服用回数は3回を限度としてください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)内服にのみ使用してください。

トリベミン液の成分分量

1瓶(30mL)中
塩酸メクリジン 25mg
スコポラミン臭化水素酸塩水和物 0.1mg
無水カフェイン 25mg
(添加物)
還元麦芽糖水アメ、D-ソルビトール、クエン酸、パラベン、アルコール、香料

トリベミン液の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故がおこりやすくなります。)
1.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください。
他の乗物酔い薬、かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、胃腸鎮痛鎮痙薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、アレルギー用薬等)
2.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
(眠気や目のかすみ、異常なまぶしさ等の症状があらわれることがあります。)
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(5)次の症状のある人
排尿困難
(6)次の診断を受けた人
緑内障、心臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
精神神経系:頭痛
泌尿器:排尿困難
その他:顔のほてり、異常なまぶしさ
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
口のかわき、便秘、眠気、目のかすみ

トリベミン液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は、服用しないでください。

トリベミン液に効果効能が似た薬

トリベミン液が気になる人向けのコラム

パーキンソン病とは-主な4つの症状と治療法について

パーキンソン病は、主として働き盛りに発症する病気であるだけに、職場の理解や家族の協力、社会的な支援も大切な支えになります。同時に患者同士の情報交換も励みになり、最近はインターネットの活用も盛んです。その一つ「APPLE
明るく生きるパーキ... 続きを読む

めまいの原因が症状でわかる-脳の病気の危険性もあるめまい

あるとき突然起こるめまい。くり返し起きたり長く続くようなら、何かの病気が原因かもしれません。なかには命にかかわる重大な病気の場合もありますから、めまいが起こる背景について知っておくことは大切です。
めまいの症状にはいくつかのタイプがあ... 続きを読む

激しい頭痛は要注意! 危険な5つの頭痛|群発頭痛の原因と対処法

いてもたってもいられないような激しい痛み、今すぐストップしたい!
そんな群発頭痛の症状と対処法をご紹介します。 のたうちまわるような痛みに襲われる 群発頭痛とは、目のすぐ後ろにある血管の壁が炎症して起こる頭痛です。圧倒的に20~40代の... 続きを読む

進化する人工臓器技術-世界に誇る日本の人口臓器の現状とは

医学と工学の共同研究分野を「医工学」または「医療工学」といいます。医工学では、人工臓器の研究開発が活発に進められています。もの造りが得意な日本では、古くから全身のありとあらゆる人工臓器が研究開発されてきました。その中心となる日本人工臓器学... 続きを読む

目のつくりと物が見えるメカニズム-近視や老眼はなぜ起こる?

目は光によってものの色や形、遠近、動きなどを感じる感覚器官です。私たちは五感を使って外界の情報をキャッチしていますが、なかでも目(視覚)は、情報全体の約80%を捉えるといわれます。耳(聴覚)は声や物音、鼻(嗅覚=きゅうかく)はにおい、舌(... 続きを読む