赤井筒薬小児六神丸の効能・用量・副作用など

赤井筒薬小児六神丸の特徴

◎『小児六神丸』発行ノ趣意
本舗発売「六神丸」ノ遍ネク世ノ好評ヲ博セルハ,原料ノ選定ト其ノ配合ノ当ヲ得タルトニヨルモノナラン。然レドモ「六神丸」ハ極メテ小粒ナルタメ,コレヲ幼小児ニ用イントスレバ,其ノ分量加減ニ不便ナル点少ナカラズ。此レ茲ニ「小児六神丸」ヲ発行セシ所以ナリ。
即チ「小児六神丸」ハ「六神丸」ノ主要配剤薬品タル,麝香,牛黄,熊胆,蟾酥,等ニ古来小児薬トシテ奨揚セラルル犀角,沈香,人参,等ヲ加エテ按配セリ。
乞ウ実試ノ上「小児六神丸」ノ効能ヲ知ラレン事ヲ。
大正元年九月下旬
龜田利三郎謹白

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 小児鎮静薬(小児五疳薬等)
形状 錠剤 
製造会社 亀田利三郎薬舗
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 宇津救命丸   宇津救命丸「糖衣」   宇津救命丸GOLD   宇津救命丸金粒   感應丸  



赤井筒薬小児六神丸の効能・効果

驚風,けいれん,麻疹,熱病,感冒,ねあせ,百日咳,咽喉痛,食傷,腹痛,下痢

赤井筒薬小児六神丸の用法・用量

小児3ヵ月まで:朝半粒/夜(寝る前)半粒
小児3ヵ月から1歳まで:朝1粒/夜(寝る前)1粒
1歳から3歳まで:朝1粒/夜(寝る前)2粒
3歳から6歳まで:朝2粒/夜(寝る前)2粒
6歳から10歳まで:朝3粒/夜(寝る前)3粒
◎重症及び急病は倍量を用いる
(用法関連注意)
1.定められた用法・用量を厳守して下さい。
(清水又は湯にて服用して下さい。)
2.小児には保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。
3.幼児に服用させる場合は薬剤がのどにかからないように注意して下さい。

赤井筒薬小児六神丸の成分・分量

15丸(56.25mg)中
ゴオウ 4.88mg
ユウタン 4.13mg
センソ 0.75mg
アセンヤク 5.25mg
ニンジン 14.25mg
サンヤク 6.75mg
ジャコウ 3mg
サイカク 3.75mg
リュウノウ 1.13mg
ジンコウ 3mg
(添加物)
種粉,銀箔

赤井筒薬小児六神丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談して下さい。
はげしい下痢または高熱のある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)服用後,悪心・嘔吐の症状があらわれた場合。
(2)5〜6回服用しても症状がよくならない場合。
3.長期連用する場合には,医師又は薬剤師に相談して下さい。

赤井筒薬小児六神丸の保管上の注意

1.小児の手のとどかない所に保管して下さい。
2.直射日光をさけ,なるべく湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
3.誤用をさけ,品質保持のため,他の容器に入れかえないで下さい。