日野奇応丸の効能・用量・副作用など

日野奇応丸の特徴

伝承薬の「奇応丸」は,古来,舶来の生薬を用いた動植物性和漢薬として珍重され,木曽では江戸時代から作られてきました。
特長
日野奇応丸は古くからの処方をもとに,動物性生薬と植物性生薬を配合した五疳薬で,心,肝,脾,肺,腎の五臓のバランスが崩れ,気分が高ぶったり,不安定になったり,気力が低下したときに服用していただく鎮静薬です。
特に心身のバランスを崩した乳幼児のひきつけ,夜泣き,吐乳に効果があります。
生薬配合の日野奇応丸は,乳幼児から大人まで服用していただける飲みやすい小粒の丸剤です。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 小児鎮静薬(小児五疳薬等)
形状 錠剤 
製造会社 日野製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 宇津救命丸   宇津救命丸「糖衣」   宇津救命丸GOLD   宇津救命丸金粒   感應丸  



日野奇応丸の効能・効果

ひきつけ,夜なき,吐乳,めまい

日野奇応丸の用法・用量

次の量を,1日3回,温湯又は水にて服用する。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15才以上:20粒:3回
14才以下8才まで:13粒:3回
7才以下4才まで:6粒:3回
3才以下1才まで:4粒:3回
1才以下3カ月まで:2粒:3回
(用法関連注意)
(1)定められた用法,用量をお守りください。
(2)小児に服用させる場合には保護者の指導監督のもとに服用させてください。

日野奇応丸の成分・分量

60粒中
ジャコウ 3mg
ユウタン 3mg
ゴオウ 5mg
ニンジン 80mg
オウレン末 30mg
ジンコウ末 36mg
d-ボルネオール 2mg
(添加物)
寒梅粉,カルメロースナトリウム,アラビアゴム末,銀箔

「日野奇応丸」を含むQ&A

もっと見る

日野奇応丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
次の症状のある人
はげしい下痢,高熱
2.次の場合は直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
1ヶ月位服用しても症状の改善がみられない場合

日野奇応丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください(誤用の原因になったり品質が変わります)。