延寿神経痛リウマチス湯の効能・用量・副作用など

延寿神経痛リウマチス湯の特徴

本品は古くから民間薬として用いられてきた防巳(オオツヅラフジ),松藤,木天蓼(マタタビ),接骨木(ニワトコ),血行を良くする当帰などを配合した煎じ薬です。煎じて服用ください。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 その他の精神神経用薬
形状 煎剤・浸剤 
製造会社 延寿堂
販売会社 池田屋安兵衛商店
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品
同じ分類の薬 グレニアチン   コリホグス   コンドロイチンZS錠   ドキシン錠   ロイルック  



延寿神経痛リウマチス湯の効能・効果

神経痛,坐骨神経痛,顔面神経痛,三叉神経痛,腰痛,肋間神経痛,リウマチに用いて利尿及び便通をよくし胎毒を去る

延寿神経痛リウマチス湯の用法・用量

1包を水3合に浸し2合に煎じ詰め朝昼食前2回服用し,後水2合を加えて1合に煎じ詰め夕食前服用する。
[年齢:服用量:1日服用回数]
大人:全量:3回
15歳以下8歳まで:半量:3回
8歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)

延寿神経痛リウマチス湯の成分・分量

1包(18.75g)中
ボウイ 3.8g
センキュウ 3.75g
トウキ 1g
マツフジ 1.8g
モクテンリョウ 1.8g
セッコツボク 1g
ダイオウ 1g
センナ 1g
カンゾウ 1.8g
サンキライ 1.8g
(添加物)
なし

延寿神経痛リウマチス湯の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください。
他の瀉下薬
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐,むくみ
(6)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
精神神経系:めまい
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1週間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

延寿神経痛リウマチス湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり,品質がかわる為)。
◎つくった煎液及びはじめに煎じた後の湿潤した薬は変質したり,腐敗しやすいのでフタをするなどして涼しい所に,他の飲物等と区別して保管してください。