活絡健歩丸の効能・用量・副作用など

活絡健歩丸の特徴

本剤は、中国清代の沈金鰲の著した《沈氏尊生書・雑病源流犀しょく》の臓腑門巻九諸厥治方の「養血壮筋健歩丸」の処方を基本としたものです。本剤は有効成分として動物・植物生薬成分20種類を配合し、神経痛、関節痛、筋肉痛に効果があります。

活絡健歩丸

活絡健歩丸

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 錠剤 
製造会社 八ッ目製薬
販売会社 イスクラ産業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品
同じ分類の薬 「クラシエ」独活寄生丸エキス顆粒   「モリ」カンゾウ湯   「モリ」シンゾウ湯   アクマチック   アコニンサン糖衣錠  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



活絡健歩丸の効能・効果

神経痛、関節痛、筋肉痛

活絡健歩丸の用法・用量

次の量を1日2回食間に水又は白湯で服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):10丸:2回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
用法及び用量を厳守して下さい。

活絡健歩丸の成分・分量

20丸中
ジオウ 0.3g
ゴシツ 0.2g
オウバク 0.2g
ソウジュツ 0.2g
シャクヤク 0.2g
オウギ 0.2g
ゴミシ 0.2g
ニンジン 0.2g
ビャクジュツ 0.2g
サンヤク 0.2g
クコシ 0.2g
トウキ 0.2g
トチュウ 0.2g
ホコツシ 0.2g
トシシ 0.2g
ブシ 0.2g
キバン 0.2g
ボウイ 0.1g
ボウフウ 0.1g
キョウカツ 0.1g
(添加物)
ハチミツ、カッセキ

活絡健歩丸の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)
次の人は服用しないで下さい。
高熱のある人
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:胃部膨満感,胃部不快感、胃もたれ、食欲不振、胸やけ、吐き気・嘔吐、便秘
その他:顔や手足のむくみ、倦怠感、口唇・舌のしびれ
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
軟便、下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

活絡健歩丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手のとどかない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。