再春痛散湯エキス顆粒の効能・用量・副作用など

再春痛散湯エキス顆粒の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 散剤
製造販売会社 再春館製薬所
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

再春痛散湯エキス顆粒の特徴

中国の漢方の古典「金匱要略」に収載されている「麻杏よく甘湯」に防已を加えた再春館独自の処方

再春痛散湯エキス顆粒の効能効果

発熱して,諸関節や各処の筋肉がはれて痛むものの次の諸症:神経痛,リウマチ,肩痛,筋肉痛,関節炎

再春痛散湯エキス顆粒の用法用量

次の量を1日3回随時服用してください。
[年齢:1回量]
大人(17才以上):1包(1.5g)
17才未満7才まで:大人の1/2量
7才未満4才まで:大人の1/3量
4才未満:服用しないでください
(用法関連注意)
1.定められた用法及び用量を厳守してください。
2.小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

再春痛散湯エキス顆粒の成分分量

3包(4.5g)中
痛散湯水製乾燥エキス 0.5g (マオウ0.7g,キョウニン0.5g,カンゾウ0.5g,ヨクイニン1.3g,ボウイ2g,動物胆0.1g)
マオウ 0.6g
ヨクイニン末 1.4g
カンゾウ末 0.4g
ボウイ末 1.6g
(添加物)
なし

再春痛散湯エキス顆粒の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)授乳中の人
(4)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)
(5)胃腸の弱い人
(6)発汗傾向の著しい人
(7)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
(8)高齢者
(9)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(10)次の症状のある人 むくみ,排尿困難
(11)次の診断を受けた人 高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
(12)薬(特に医師,歯科医師から処方された医薬品)を使用している人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振,胃部不快感
肝臓:発熱,全身のだるさ,尿の色が濃くなる(黄褐色?赤褐色)
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症・ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等がみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする。
3.3ヶ月くらい服用しても症状の改善が見られない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

再春痛散湯エキス顆粒の保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
4.使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

再春痛散湯エキス顆粒に効果効能が似た薬

再春痛散湯エキス顆粒が気になる人向けのコラム

指のこわばりは関節リウマチの初期症状かも? 早期発見が大事

起床時、手の指が曲げづらくありませんか?
この「朝のこわばり」は、関節リウマチの初期症状としてよく知られています。
関節リウマチとは、複数の関節に慢性的な炎症が起こり、関節が腫れたり、痛みが生じる病気です。症状がよくなったり悪くなっ... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

関節リウマチは30代の女性にも発症する? 進化した治療法とは

関節リウマチは、免疫の異常によって全身の関節に慢性的な炎症が起こる病気です。炎症によって腫れや痛みが生じ、放置すれば骨や軟骨が徐々に破壊されて変形することもあり、そうなると日常生活や仕事に支障を来します。
関節以外にも、呼吸器の病気や動... 続きを読む

関節リウマチ患者、女性は男性の4倍-専門医の早期診断が決め手

日本での関節リウマチの患者数は、70~100万人と推定され、30~50歳代で最も多く発症しています。10歳代や20歳代での発症もあります。女性に多く、男性の約4倍とみられています。
関節リウマチの原因は、まだ明らかではありませんが、自... 続きを読む

関節リウマチの初期症状に注意! 早めの治療が大切な理由

人間の骨格は関節でつながっています。その数は全部で68個。脊椎(せきつい)のようにあまり動かない関節もありますが、膝(ひざ)関節や手足のように大きく動かせる関節が、私たちの体の自由な動きを支えています。この関節に原因不明の炎症がおこり、痛... 続きを読む