小粒 打身丸の効能・用量・副作用など

小粒 打身丸の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の精神神経用薬
形状 その他
製造販売会社 天恵堂製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

小粒 打身丸の特徴

「小粒 打身丸」は,昔から伝わる家伝薬で丸い粒の丸薬です。小粒 打身丸に配合されています12種類の生薬が総合的に働いて,効果を発揮します。
特に打ち身(打撲症)などの痛みを緩和する作用や,それに伴ううっ血を抑える効果に優れております。また神経痛などにも効果をあらわし,現代においても常備薬として愛用されております。

小粒 打身丸の効能効果

打ち身(打撲症),神経痛,下腹部痛,手足の痛み,筋肉痛

小粒 打身丸の用法用量

次の量を,1日1回就寝時に白湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):10粒:1回
7才以上15才未満:5粒:1回
4才以上7才未満:3粒:1回
4才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)小児に服用させる場合は,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)幼児に服用させる場合は,保護者の指導監督のもと薬剤がのどにつかえることのないよう,よく注意して服用させてください。

小粒 打身丸の成分分量

500丸中
シャクヤク末 8g
ソウジュツ末 8g
ケイヒ末 9g
ケンゴシ末 15g
トウキ末 8g
キジツ末 4g
センキュウ末 6g
ジオウ末 8g
ウコン末 8g
ゴレイシ末 9g
ホオウ末 6g
セイヒ末 8g
(添加物)
寒梅粉

小粒 打身丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感,下痢
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

小粒 打身丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり,品質が変わる場合があります。)
(4)1包を分割した残りを服用する場合は,袋の口を折り返して保管し,4日以内に服用してください。その際,湿気などにより薬が変質することがありますので,冷蔵庫等に保管し,取り扱いには十分気をつけてください。
(5)使用期限をすぎた製品は,服用しないでください。使用期限は外箱に記載しています。

小粒 打身丸が気になる人向けのコラム

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

女性の下腹部の痛みは子宮と卵巣の病気の可能性が-早めの検診を

女性の場合、下腹部が痛むときは、大腸などの消化器の異常とは別に、子宮や卵巣などの異常も疑う必要があります。なかでも、子宮筋腫は婦人科の腫瘍のなかでは最も多い病気で、30~40歳代の3人に1人の割合でみられます。
子宮筋腫は、女性ホルモ... 続きを読む

小豆ミルクで自律神経をととのえてやせる!

小豆ミルク
男性に比べると女性が便秘になりやすいのはれっきとした理由があります。

女性は男性に比べて1月単位で見てもホルモンバランスが常に変化しており、ホルモンバランスの影響を受けて腸の動きが鈍り、便秘になると言われているのです。... 続きを読む

仕事の合間にできるリラックス体操-胸と腰の疲れに効くゆるゆる体操

前回に引き続き、「ゆる体操」によるリラックスの方法を紹介します。今回は、「胸フワ背フワ体操」と、「下腹フワ腰フワ体操」を紹介します。
うっとうしい梅雨時は、気持ちが滅入りがちですね。このような状態のとき、私たちの呼吸はいつもより浅くな... 続きを読む