青雲湯の効能・用量・副作用など

青雲湯の特徴

「青雲湯」は神経痛,移動性神経痛,全身四肢疼痛を改善するために,12種類の生薬を配合して創りました弊社独自の製剤です。

青雲湯

青雲湯

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 その他の精神神経用薬
形状 煎剤・浸剤 
製造会社 建林松鶴堂
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 グレニアチン   コリホグス   コンドロイチンZS錠   ドキシン錠   ロイルック  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



青雲湯の効能・効果

神経痛,移動性神経痛,全身四肢疼痛

青雲湯の用法・用量

本品1袋を煎じる容器(鉄製のものは使用しない)に入れ,水550mL(約3合)を加えて火に掛け,沸騰したら弱火にし,ふきこぼれないように気をつけながら約半量となるまで煎じ,成人1日量とし食間に服用します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人:1日分の1/3量:3回
7歳以上15歳以下:成人の1/2量:3回
4歳以上7歳未満:成人の1/3量:3回
4歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
食間とは,食後2~3時間を指します。
(1)服用に際しては,人肌程度に温めて服用すること。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

青雲湯の成分・分量

1包(26.5g)中
ガイシ 0.5g
ショウキョウ 0.5g
カンゾウ 0.5g
ハンゲ 3.0g
ソウジュツ 3.0g
ブクリョウ 3.0g
オウゴン 3.0g
テンナンショウ 3.0g
チンピ 3.0g
ビャクシ 3.0g
キョウカツ 3.0g
モッコウ 1.0g
(添加物)
添加物は含有していません。

青雲湯の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

青雲湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)煎じた薬液は,冷蔵庫に保管してなるべく早めに服用してください。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。使用期限は外箱に記載しています。