胃腸薬ハイカイユの効能・用量・副作用など

胃腸薬ハイカイユの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸薬
形状 散剤
製造販売会社 カシマ薬品商事
販売会社 森田製薬
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

胃腸薬ハイカイユの特徴

胃腸薬ハイカイユは制酸剤,健胃生薬を配合した胃腸薬で,日常よくおこる胃酸過多,もたれ,胸やけなどの症状を改善し,弱った胃の働きを回復させます。

胃腸薬ハイカイユの効能効果

胃酸過多,胸やけ,胃部不快感,胃部膨満感,もたれ,胃重,胸つかえ,げっぷ,吐き気(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐,飲み過ぎ,胃痛

胃腸薬ハイカイユの用法用量

次の量を食後に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15才以上:1包:3回
11才以上15才未満:3分の2包:3回
8才以上11才未満:2分の1包:3回
5才以上8才未満:3分の1包:3回
5才未満:服用しないこと
1日3回,食後に服用する。
(用法関連注意)
(1)定められた用法,用量を厳守してください。
(2)15才未満の小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

胃腸薬ハイカイユの成分分量

3包中
炭酸水素ナトリウム 1000mg
沈降炭酸カルシウム 500mg
炭酸マグネシウム 500mg
合成ケイ酸アルミニウム 600mg
オウレン末 150mg
ケイヒ末 200mg
ショウキョウ末 115mg
ウイキョウ末 30mg
ゲンチアナ末 100mg
l-メントール 15mg
(添加物)
アラビアゴム

胃腸薬ハイカイユの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください
透析療法を受けている人
2.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
他の胃腸薬
3.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)次の診断を受けた人。
腎臓病
2.服用中又は服用後は次のことに注意すること
2週間位服用しても症状の改善が見られない場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談すること。
その他の注意
【外部の容器又は外部の被包に記載すべき事項】
注意
1.次の人は服用しないでください。
透析療法を受けている人。
2.小児の手の届かないところに保管してください。
3.服用に際しては,説明文書をよく読んでください。
4.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに保管してください。

胃腸薬ハイカイユの保管上の注意

(1)直射日光のあたらない湿気の少ない,涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れ替えないでください。
(4)1包を分割した残りを使用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に使用してください。

胃腸薬ハイカイユが気になる人向けのコラム

舌の色や形で健康状態が分かる-色・形・舌苔で健康チェック!

鏡に向かって、あ~んと口を開き、自分の舌を見てみましょう。どんな色、形をしていますか?
舌はからだの情報の宝庫。舌には血液がたくさん集まっているために、血液や体液の質およびその過不足が見てとれ、体調などがよくわかります。東洋医学でも、患者... 続きを読む

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む

あの有名カップルが!? マタニティハイ妻と産後うつ夫

2014年、第一子が誕生した山田優さん。幸せいっぱいの彼女ですが、夫である小栗旬さんが「産後うつ」に悩まされ、山田さん自身も「マタニティハイ」になっていると噂されました。 「産後うつ」は、出産を終えた女性に起こる症状とされてきましたが、男... 続きを読む

疲労をためない体をつくる part2-つかれない座り方とは

朝、起きたときに、なんとなくだるいのは、脳の覚醒レベルが低い状態になっているからです。リズム運動でこうした状態をスッキリさせましょう。
自分で一定のリズムをつくりながら、腹式呼吸やウォーキングなど特定パターンの運動をくりかえすことがポ... 続きを読む

あなたの筋力は大丈夫? 脚の筋力とバランス力を簡単チェック

仕事はデスクワークで運動習慣なし、階段よりもエレベーターやエスカレーターという人、多いのではないでしょうか。でもこんな生活を送っていると、脚力(脚の筋力)が低下して、ちょっとしたことで転びやすくなったり、転んだときの反応も鈍くなって危険な... 続きを読む