マナミンSの効能・用量・副作用など

マナミンSの特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 制酸薬
形状 散剤 
製造会社 鶴原製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 アバロン   アバロンS   イーグロン   イスキット   イノセアグリーン  



マナミンSの効能・効果

胃酸過多,胸やけ,胃部不快感,胃部膨満感,もたれ(胃もたれ),胃重,胸つかえ,げっぷ(おくび),吐き気(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐,飲み過ぎ(過飲),胃痛

マナミンSの用法・用量

[年齢:1回服用量:1日服用回数]
成人(15才以上):1包:3回(毎食後)
11才以上15才未満:2/3包:3回(毎食後)
8才以上11才未満:1/2包:3回(毎食後)
8才未満:服用させないこと
(用法関連注意)

マナミンSの成分・分量

3包(3.6g)中
炭酸水素ナトリウム 0.9g
炭酸マグネシウム 0.3g
沈降炭酸カルシウム 0.6g
乾燥水酸化アルミニウムゲル 0.6g
ロートエキス 30mg
ビオヂアスターゼ700 150mg
(添加物)
ケイヒ末,l-メントール,カンゾウ末,乳糖,トウモロコシデンプン,ヒドロキシプロピルセルロース,タルク

マナミンSの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
1.次の方は服用しないでください。
透析療法を受けている方。
2.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください。
胃腸鎮痛鎮痙薬
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください。(母乳中に移行して乳児の脈が速くなることがあります。)
4.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている方
(2)妊婦又は妊娠していると思われるご婦人
(3)高齢者
(4)本人又は家族がアレルギー体質の方
(5)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある方
(6)次の症状のある方
排尿困難
(7)次の診断を受けた方
腎臓病,心臓病,緑内障
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
(2)2週間位服用しても症状がよくならない場合
3.次の症状があらわれることがありますので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師にご相談ください。
口のかわき,便秘,下痢
その他の注意
■その他の注意
母乳が出にくくなることがあります。

マナミンSの保管上の注意