恵命我神散の効能・用量・副作用など

恵命我神散の基本情報

恵命我神散

恵命我神散

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 健胃薬
形状 散剤
製造販売会社 老舗恵命堂
販売会社 恵命堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

恵命我神散の特徴

恵命我神散は,胃の働きを活発にし,胆汁分泌を促進し脂肪の消化をたかめ胃の粘膜を修復する作用のあるガジュツ末と,消化管粘膜を保護する働きのある真昆布末に,苦味・辛味・芳香を有するウコン末とショウキョウ末を配合した生薬製剤です。
特に,胃の働きが弱く,胃がもたれた感じの症状の方にききめのある胃腸薬です。

恵命我神散の効能効果

食欲不振(食欲減退),胃部・腹部膨満感,消化不良,胃弱,食べ過ぎ(過食),飲み過ぎ(過飲),胸やけ,もたれ(胃もたれ),胸つかえ,吐き気(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐

恵命我神散の用法用量

次の量を水又は白湯で服用してください。
[服用回数]
1日4回食後及び就寝前に服用する。1日5?6回服用しても差し支えないが,この場合には約4時間の間隔をおいて服用する。
[年齢区分:1回量]
15歳以上:3g
11歳以上15歳未満:2g
7歳以上11歳未満:1.5g
3歳以上7歳未満:1g
3歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)添付スプーンの各用量(1回量)は(添付文書に記載の)図の通り。
(2)定められた用法・用量を厳守してください。
(3)小児に服用させる場合,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

恵命我神散の成分分量

3g中
ガジュツ末 2500mg
真昆布末 100mg
(添加物)
ウコン末,ショウキョウ末,結晶セルロース

恵命我神散の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
・次の人は服用しないこと。
本剤又は,本剤の成分により過敏症状(発疹・発赤,かゆみ,浮腫等)を起こしたことがある人。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の診断を受けた人。肝臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ
消化器:腹痛,吐き気・嘔吐,下痢
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに皮ふのかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮ふや白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.1ヶ月ぐらい服用しても症状がよくならない場合は,服用を中止し,この文書をもって医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
その他の注意
■その他の注意
・慢性胃腸疾患の方が恵命我神散を服用しますと,胃や腸の働きがたかまるために,一時的に腹部の膨張や音を感じたりなどの異常を感じる場合がありますが,1週間程で落ち着きます。

恵命我神散の保管上の注意

1.小児の手のとどかない所に保管してください。
2.直射日光をさけなるべく湿気の少ない涼しい場所に密閉して保管してください。
3.誤用をさけ品質を保持するため,他の容器に入れ替えないでください。
4.内包を開封後保管の際は,再封ジッパーが確実に閉じていることを確認してください。
5.服用に際しアルミフィルムで手や口を切らないようご注意ください。

恵命我神散が気になる人向けのコラム

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

放置すると癌になることもある逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎はもともと欧米人に多くみられ、日本では主に高齢者にみられる病気でしたが、食生活の欧米化や夜型の生活パターンによって、最近は若い人にも増えています。
たびたび起こる胸やけ、逆流性食道炎かも - goo ... 続きを読む

ウコンを飲むだけですっきりとダイエット

ウコン
二日酔い対策の代表格ともいえるウコンですが、実はダイエットにも大変効果があると話題になっています。
ウコンには、脂肪細胞の増加を抑制し、さらに脂肪の分解を促す効果があります。
普段通りの食事にウコンをプラスするだけで脂肪の蓄... 続きを読む

ジンゲロール

日本の食卓に欠かせない食材「しょうが」。冷え取り効果が有名ですが、からだにうれしい働きはそれだけではありません。しょうがには辛味成分が約250種類、揮発(香り)成分が約50種類も含まれています。さまざまな優れた薬効があるため、漢方薬の約7... 続きを読む

女性は男性よりうつ病になりやすい-うつ病自己評価尺度でチェック

うつ病は男性よりも女性に多い病気です。女性が男性よりうつ病になりやすい原因の一つは、月経周期や妊娠・出産、閉経(更年期)による、ホルモンバランスの急激な変化による心身のストレスと考えられています。
もう一つは、就職、結婚、妊娠・出産、子... 続きを読む