五苓黄解内服液の効能・用量・副作用など

五苓黄解内服液の特徴

五苓黄解内服液

五苓黄解内服液

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 健胃薬
形状 液剤 
製造会社 ジェーピーエス製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC健胃カプセル   TS胃腸細粒   アロエ製薬健胃錠   イゲン内服液   イスタート胃腸内服液  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



五苓黄解内服液の効能・効果

飲み過ぎ、食べ過ぎ、吐き気(二日酔・悪酔のむかつき、むかつき、胃のむかつき、嘔気、悪心)、食欲不振、もたれ、胃部・腹部膨満感、胸やけ、胸つかえ、胃弱、嘔吐、消化不良

五苓黄解内服液の用法・用量

成人(15才以上)1回1本、1日3回食前又は食間に服用してください。
(15才未満は服用しないでください。)
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)食間とは、食後2~3時間を指します。
(3)生薬成分を配合しているため、経時的に沈殿いたしますが、薬効には支障がないのでよく振ってから服用してください。

五苓黄解内服液の成分・分量

1本(30mL)中
水製乾燥エキス(I) 0.3g (タクシャ0.833g、チョレイ・ブクリョウ・ビャクジュツ各0.75g、ケイヒ0.5g)
水製乾燥エキス(II) 0.3g (オウゴン0.5g、サンシシ・オウレン・オウバク各0.333g)
(添加物)
白糖,D-ソルビトール,クエン酸,安息香酸ナトリウム,パラベン,ポリソルベート80,エタノール,その他2成分

五苓黄解内服液の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
医師の治療を受けている人。
2.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

五苓黄解内服液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)封をあけたら飲みきってください。封をあけたまま保存しないでください。
(5)使用期限の過ぎた製品は服用しないでください。