大光丸の効能・用量・副作用など

大光丸の特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 健胃薬
形状 錠剤 
製造会社 大佛堂製薬
販売会社
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC健胃カプセル   TS胃腸細粒   アロエ製薬健胃錠   イゲン内服液   イスタート胃腸内服液  



大光丸の効能・効果

食欲不振(食欲減退)、胃部・腹部膨満感、消化不良、胃弱、食べすぎ,飲みすぎ、胸やけ、もたれ(胃のもたれ)、胸つかえ、はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔・悪酔のむかつき、嘔気、悪心)。

大光丸の用法・用量

15才以上 ・・・・・・・・・・・1回20粒
11才以上15才未満 ・・・1回13粒
8才以上11才未満 ・・・・1回10粒
5才以上8才未満 ・・・・・1回6粒
3才以上5才未満 ・・・・・1回5粒
1日3回食後、白湯又は水にて服用して下さい。
(用法関連注意)

大光丸の成分・分量

3包(60丸)中
ゲンノショウコ末 2.3g
オウバク末 0.6g
オウレン末 0.1g
ショウキョウ末 0.1g
センブリ末 0.05g
ダイオウ末 0.1g
(添加物)
カルメロースCa、リン酸水素Ca水和物、サリチル酸、寒梅粉、酸化チタン、タルク、ヒドロキシプロピルセルロース、白色セラック、黄色5号、赤色102号

大光丸の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
1.3歳未満の幼児には服用させないこと。
2.本剤服用中は、他の健胃薬を服用しないこと。
■相談すること
1ヵ月位服用しても症状の改善がみられない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。
その他の注意
3歳以上の小児に服用させる場合には、薬剤がのどにつかえることのない様、保護者の指導監督のもとに使用させること。

大光丸の保管上の注意

1.直射日光をさけ、湿気の少ない涼しい所に保管すること。
2.小児の手の届かない所に保管すること。
3.他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因、品質の変化をまねくおそれがあります)
4.1包を分割して服用した場合、袋の口を折り返して保管し、残りは2日以内に服用すること。